ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年10月22日 13時45分 公開

JALとANA、国内線チェックインシステムを共同利用へ 搭乗ゲート統一も

JALとANAが国内線空港で、チェックインシステム機器の共同利用へ。保安検査場のゲート、搭乗ゲートの改札機などを、両社が共同利用できるようにする。

[ITmedia]

 日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)は10月22日、国内線空港のチェックインシステム機器を両社共同で利用できるようにする取り組みを始めると発表した。

 両社がともに就航している約30空港で、保安検査場のゲート、搭乗ゲートの改札機などを、2023年5月から順次、共同利用できるようにする。

画像 共通利用のイメージ(左が従来、右が共通利用スタート後)

 航空無線データサービスを提供するアビコム・ジャパンが、KDDI・パナソニック システムソリューションズからネットワークとシステムを調達して対応する。

 JALとANAは現在、空港内にそれぞれ独自のシステム機器を配備している。一部を共同利用することで、空港施設の有効活用が可能になるとしている。

 また現状は、自社のシステム機器が設置してあるゲートでのみ搭乗案内できるが、搭乗ゲートの共通化により使える駐機スポットが増え、スポット不足で到着便が駐機できずに遅れるケースを減らす――といったことにもつながるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.