ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年10月25日 16時46分 公開

巨大ダムの放流をライブ配信、ドローン空撮も 九州電力の上椎葉ダム

九州電力は11月に実施する上椎葉ダムの観光放流をYouTubeでライブ配信する。ダムの点検などに使用するドローンで空撮も行う。

[ITmedia]

 九州電力は、11月に実施する上椎葉ダム(宮崎県東臼杵郡椎葉村)の観光放流をYouTubeでライブ配信する。関連会社の九電ドローンサービスと協力し、ダムの点検などに使用するドローンで空撮も行う。

九州電力の上椎葉ダム

 ライブ配信は11月13日の午後1時30分から午後2時40分まで(YouTubeチャンネルは作成中)。約9万6000m3の水を流す。「紅葉も始まり、秋色に染まる椎葉の大自然を背景に上椎葉ダムの迫力ある放流が見られる。(コロナ禍の)今回は自宅でも楽しめるようにライブ配信を行う」という。

 上椎葉ダムは1955年(昭和30年)に完成した高さ111mのアーチ式コンクリートダム。ダムによって作られた人造湖は小説「宮本武蔵」などで知られる作家・吉川英治さんが「日向椎葉湖」と命名し、人気の観光地に。2005年には水源地環境センターの「ダム湖百選」に選ばれた。

 観光放流はその名の通り観光客向けにダムから水を放流するイベント。発電はできないため実施するダムは少ないが、ダムの観光資源化と地域振興を目指す九州電力は2019年に初めて上椎葉ダムの観光放流を実施し、約400人が訪れた。

放流の様子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.