ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年10月26日 16時00分 公開

1インチカメラ搭載「Xperia PRO-I」、約19.8万円 背面に液晶取り付けてVlogカメラに

ソニーは、1インチのCMOSセンサーを搭載したプロフェッショナル向けスマートフォン「Xperia PRO-I」を発表。高画質な動画撮影/配信をスマホ1台で実現する。市場想定売価は19万8000円前後。

[山川晶之,ITmedia]

 ソニーは10月26日、1インチのCMOSセンサーを搭載したプロフェッショナル向けスマートフォン「Xperia PRO-I」を発表した。高画質な動画撮影/配信を1台で実現するモデル。12月15日に発売予定で、市場想定価格は19万8000円前後。SIMロックフリーモデルで、ソニーストア、KDDI、一部家電量販店やECサイトなどでも取り扱う。

「Xperia PRO-I」

 24mm相当の広角カメラには、同社のコンパクトカメラ「RX100 VII」で搭載した1インチCMOSセンサーをスマホ向けに最適化。画素ピッチは2.4μmと1インチ約2000万画素のセンサーと同等のものを使用。有効画素数は1220万画素としている。レンズは、ZEISS製「Tessar」を採用し、F2.0とF4.0の可変絞り機構を備える。その他、約1220万画素の超広角カメラ(16mm相当)、約1220万画素の望遠カメラ(50mm相当)、ToFセンサーを搭載する。

1インチセンサーを搭載
3眼カメラ+ToFセンサー

 画像処理エンジン「BIONZ X for mobile」の他、ミラーレス一眼「α」シリーズで搭載するフロントエンドLSIを内蔵しており、暗所でのノイズを低減。12bit RAWでの静止画撮影も可能という。人間の瞳にフォーカスし続ける「リアルタイム瞳AF」やAF/AE追従で最高20コマ/秒の連写も可能だ。

 動画性能を強化しており、世界で初めて120fpsでの4K撮影を実現。5倍のスローモーションとして撮影できる。動画撮影時の瞳AFやオブジェクトトラッキング(動体を追跡する機能)も利用可能だ。高速読み出し対応のセンサーとソニー独自のアルゴリズムで、光学式手ブレ補正を強化している。

 ディスプレイは、6.5インチの4K HDR対応有機ELディスプレイを採用。リフレッシュレートは120Hzで、10bitカラーやITU-R BT.2020の色域に対応する。αを含めUVC(USB Video Class)に対応するカメラであれば、ディスプレイを外部モニターとして使うことができる。

 SoCは米QualcommのSnapdragon 888。メモリは12GB、ストレージは512GB。最大1TBのmicroSDXCスロットを備える。バッテリーは4500mAh、30Wの急速充電に対応。USBポートは「USB 3.2 Gen2」に対応しており、データの高速伝送が可能。IPX5/8の防水、IP6Xの防塵(ぼうじん)性能を備える。サイズは約72mm×約166mm×約8.9mm。重さは約211g。OSはAndroid 11。おサイフケータイや指紋認証にも対応する。

 Vlog撮影にも対応。本体裏に取り付ける液晶モニター「Vlog Monitor」をUSB Type-Cポートで接続することで自撮り撮影が可能。モニターとXperia PRO-Iの両方に給電するためのUSB Type-Cポートも備える。液晶とXperia PRO Iを固定するアタッチメントには、三脚用のネジ穴とアクセサリーシューがあり、手持ち用のグリップや外付けマイクを取り付けることができる。Vlog Monitorの市場想定価格は2万5000円前後。

Vlog用の外付けモニターも

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.