ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年04月14日 17時39分 公開

“可変式望遠レンズ”搭載「Xperia 1 III」登場

ソニーが、「可変式望遠レンズ」を搭載したスマホ「Xperia 1 III」を発表した。1つのレンズユニットで35mm判換算70mmと105mmの2つの焦点距離をカバーする。

[ITmedia]

 ソニーは4月14日、「可変式望遠レンズ」を搭載したAndroidスマートフォンのフラグシップモデル「Xperia 1 III」を発表した。1つのレンズユニットで35mm判換算70mmと105mmの2つの焦点距離をカバーする。価格は未定で、2021年初夏以降に日本などで発売予定。

「可変式望遠レンズ」を搭載したソニーのAndroidスマートフォン「Xperia 1 III」

 背面に搭載するカメラユニットは超広角レンズ(16mm F2.2)、広角レンズ(24mm F1.7)、可変式望遠レンズ(70mm F2.3、105mm F2.8)の3つ。全てで有効画素数約1220万画素、1/1.7インチのイメージセンサーを採用する。全ユニットで像面位相差AFに対応し、広角レンズと可変式望遠レンズは光学式手ブレ補正を搭載。3つのカメラユニットの他、被写体までの距離を測定するための3D iToFセンサーも搭載する。

一番下が可変式望遠レンズ
ペリスコープ(潜望鏡)型で、プリズムを使い光を直角に曲げてレンズ群とセンサーの距離を稼いでいる

 可変式望遠レンズは1つのユニットで2つの画角をカバーするが、コンパクトデジタルカメラや一眼カメラのズームレンズのように、光学的に無段階で画角を調整できるわけではない。

 従来モデル同様、人物や動物の瞳にフォーカスを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」を搭載する他、今回新たに、AIを使って動体にフォーカスなどを合わせ続ける「リアルタイムトラッキング」機能を搭載。ディスプレイ上で被写体をタッチするだけで色、模様、距離情報などから物体を認識し、被写体を高精度に追従するという。

 4K動画の撮影では広角レンズで120fpsのHDR動画が撮影可能になり、ディスプレイも4K 120Hz HDRに対応した。

 基本スペックは、SoCが米QualcommのSnapdragon 888 5Gでメモリは12GB。ストレージは256GBもしくは512GB。外部ストレージは最大1TBのmicroSDXDに対応する。バッテリー容量は4500mAh。モバイル通信は5Gのミリ波帯もしくはSub6をサポートする。

 本体サイズは約165(高さ)×71(幅)×8.2(奥行き)mmで、重量はSub6対応モデルが186g、ミリ波対応モデルが188g。カラーはフロストブラック、フロストグレー、フロストパープル。

レンズは引き続き独ZEISSのT*コーティングで内部の光の反射を低減
カメラシャッター専用のボタンも搭載
3.5mmイヤフォンジャックもある

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.