ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年10月26日 22時25分 公開

Adobe、Webベースのチーム管理「CC Web」 複数人でファイル共有や編集が可能に

米Adobeは、Web上で起動するチーム管理ツール「Adobe Creative Cloud Web」β版を発表。ストレージ機能を持ち、データの保存と共有が可能な「スペース」と、Webブラウザ上で制作物の編集と共有ができる「カンバス」の2つの機能を持つ。

[ITmedia]

 米Adobeは10月26日(現地時間)、制作物の編集・共有機能やクラウドストレージ機能を備えるチーム管理ツール「Adobe Creative Cloud Web」β版を発表した。「Dropbox」や「OneDrive」のようにデータの保存と共有ができる「Adobe Creative Cloud スペース」と、Webブラウザ上で制作物の編集や共有が可能な「Adobe Creative Cloud カンバス」の2つの機能を持つ。

 Adobe Creative Cloud (以下、CC) スペースでは、Webブラウザからクラウドストレージにファイルの保存や管理・共有が可能。PDFやXD、jpg、PNGなどさまざまなフォーマットに対応しており、Web以外にも、「Adobe Fresco」や「Photoshop」「illustrator」などの各Creative Cloudツールからも直接アクセスが可能。

 Adobe Creative Cloud カンバスでは、制作物をリアルタイムにチームと共有でき、簡単な編集作業をWebブラウザで行える。全てのCreative Cloudツールで作成したデータに対応しており、カンバス上から各CCアプリを直接起動できる他、Web版Photoshopともひも付けられる。

「Adobe Creative Cloud Web」の利用イメージ

 それぞれ同日から、招待制のプライベートβ版で提供を始め、フィードバックを基に機能改修を図る。一般ユーザーには、2022年から順次提供予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.