ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2021年10月27日 11時51分 公開

「ヤバすぎ」「神ツール」──Photoshop新機能が話題に “マウスを合わせるだけで物体選択”(1/2 ページ)

「Photoshop」の新機能、「ホバー選択」が話題になっている。マウスカーソルを画像内の物体に合わせるだけで物体を認識し自動で選択マスクを作れる。

[井上輝一,ITmedia]

 アドビが10月26日に発表した「Photoshop」の新機能、「ホバー選択」が話題になっている。マウスカーソルを画像内の物体に合わせるだけで物体を認識し、自動で選択マスクを作る機能で、Twitterでは「やばすぎる」「超時短になる」「神かなにかか」などと驚きの声が上がっている。

マウスを合わせるだけで3頭の馬を自動認識している様子
マウスを合わせるだけで一つの物体を認識
別の物体に合わせればそちらを自動認識

 ホバー選択は以前からあった「オブジェクト選択」ツールの内の新機能として実装。これまでも、オブジェクト選択では選びたい物体を長方形の選択ツールなどで囲めば物体を自動認識できたが、ホバー選択ではそうした範囲指定をする必要もなくなった。

 さらに、画像内のオブジェクト全てのマスクをワンクリックで作る機能も実装した。

画像レイヤーを右クリックして「すべてのオブジェクトをマスク」(Mask All Objects)を選ぶだけで3頭の馬のマスクが生成される

 選択の精度について、アドビは「画像内のほとんどのオブジェクトを検出可能だが、一部検出できないカテゴリーもある」としている。検出には同社のAIである「Adobe Sensei」を利用しており、今後も改良を続けるとしている。

 この他、機械学習を使って夏の草原を秋のように色付けたり、雪原に変えたりと、任意の2つの風景画像を組み合わせて風変わりなシーンを作る「風景ミキサー(ベータ版)」や、別々に用意した人物写真と風景写真を合わせた際に違和感がないように色を合わせる「色調和(ベータ版)」、写真の被写界深度に応じて背景をぼかす「深度ぼかしフィルター」などを実装している。

 これらの機能は順次配信が始まっている。アドビは26日から年次カンファレンス「Adobe MAX 2021」を開催しており、PhotoshopやIllustratorのWebブラウザ版や、チームでの作品管理・共同制作を実現する構想「Creative Cloud Web」などを発表している。

【修正履歴:2021年10月27日午後1時30分 Photoshopが認識している物体について、当初「お菓子」と記載していましたが、「お菓子ではない」という指摘を受け表現を変更しました】

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.