ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年10月27日 16時29分 公開

LINEがマッチングアプリから撤退 参入から2年足らず

LINEが、マッチングアプリ「HOP」の提供を11月で終了する。理由は「全社的に選択と集中を進めた結果」という。

[井上輝一,ITmedia]

 LINEは10月26日、マッチングアプリ「HOP」の提供を終了すると発表した。2020年3月に同サービスを立ち上げてから2年足らずでの撤退となる。終了の理由について同社は「全社的に選択と集中を進めた結果」としている。

マッチングアプリ「HOP」

 HOPは、結婚相談所や婚活サイトなどを運営するIBJ(東京都新宿区)のグループ企業であるDiverse(東京都千代田区)と、LINE社による共同出資の「HOP株式会社」が提供するマッチングアプリ。「友達の友達」「友達の友達の友達」など、LINEの繋がりを通じて出会いを探せることを特徴としていた。

HOPの特徴

 サービスは11月30日に終了。10月26日時点ですでに有料プラン加入を止めており、有料プランの期間が余っているユーザーには期間に応じて払い戻す方針。

 サービスの終了に伴い、HOP社を解散とするかについては協議中としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.