ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年10月28日 13時23分 公開

Spotify、米国のPodcastプラットフォームとしてAppleを抜いて首位に──Edison Research調べ

Spotifyが3年前に立ち上げがPodcastのリスナー数が米国でもトップに立ったと発表した。米国のトップはこれまでAppleだった。サービス全体のMAUは年内に4億人を超えると予想した。

[ITmedia]

 スウェーデンSpotifyは10月27日(現地時間)、第3四半期(7〜9月)の業績発表で、同社のPodcastが「米国のリスナーが最も使うプラットフォームになった」と発表した。「米調査会社Edison Researchとわれわれの内部データに基づく」結果という。

 Spotifyは、既に60カ国以上でPodcastのトッププラットフォームになっているが、「米国は世界最大のPodcast市場であるため、トップに立つことは非常に重要だ」としている。

 米国のこれまでのPodcastプラットフォームのトップはずっと米Appleだった。米調査会社のeMarketerは9月の段階で、Spotifyが米国でAppleを追い抜くと予測していた。

 Spotifyは2018年にPodcast配信のβテストを開始し、正式サービスは2019年に18万5000件のPodcastでスタートした。現在は320万のPodcastを擁する。

 spotify 1 SpotifyのPodcastページ

 同社はPodcastだけのリスナー数を具体的に公表してはいないが、その数は急増しており、サービス全体の消費時間に占めるPodcastのシェアは同四半期に「史上最高」に達したとしている。

 同四半期のMAU(月間アクティブユーザー数)は前年同期比19%増の3億8100万人、有料会員は1億7200万人、広告を表示する無料版ユーザーは2億2000万人だった。

 spotify 2

 Spotifyは、年末までにMAUが4億人を、有料会員は1億7700万人を超えると予想した。

 売上高は27%増の25億100万ユーロ、純利益は1億6000ユーロ(1株当たり0.01ユーロ)だった。前年同期のは1500万ユーロの赤字だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.