ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年11月09日 08時00分 公開

ワクチンの接種証明登録で渡米がスムーズに JALが米証明書アプリ「VeriFLY」の運用開始 国内初

 日本航空(JAL)が米Daonのデジタル証明書アプリ「VeriFLY」を使ったワクチン接種証明書の登録に対応した。あらかじめワクチン接種証明書をアプリに登録し、チェックインカウンターでアプリ内の渡航判定結果を提示することで、スムーズな搭乗手続きが可能になるという。

[山川晶之,ITmedia]

 日本航空(JAL)は11月8日、米Daonのデジタル証明書アプリ「VeriFLY」を使ったワクチン接種証明に対応したと発表した。ユーザーは、同アプリにあらかじめワクチン接種証明書を登録し、アプリに表示された渡航判定結果をチェックインカウンターで提示することで、スムーズな搭乗手続きが可能になる。

米Daonnデジタル証明書アプリ「VeriFLY」

 VeriFLYは、本人認証サービスを手掛けるDaonが開発したアプリで、JAL以外にもアメリカン航空やブリティッシュ・エアウェイズなどで導入済み。新型コロナ検査結果の登録や渡航先の入国要件に合わせた書類などを事前に登録、管理できる。

 10月から日本発米国本土行き(グアム/ハワイを除く)で本格運用を開始。11月8日以降、米国に入国する全渡航者にワクチン接種完了が求められるようになったことから、従来の新型コロナ検査の陰性証明書に加え、ワクチン接種証明書の取り扱いが可能になったという。

グアムとハワイを除く日本発米国本土行きの便で本格運用を開始

 ハワイ線では2021年内に運用を開始予定。その他、ヨーロッパやアジア路線への展開も検討する。

 同社は21年4月にデジタル証明書アプリへの対応を発表。VeriFLY以外にもスイスの非営利組織「コモンズ・プロジェクト」が推進する「コモンパス」や、国際航空運送協会(IATA)が推進する「IATAトラベルパス」をサポートする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.