ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年11月11日 15時14分 公開

TeslaのマスクCEO、Twitter投票結果を受けTeslaの数十億ドル相当の株売却開始

Teslaのイーロン・マスクCEOが11月8日から自社株を売却し始めた。これまでに数百万株、少なくとも50億ドル相当を手放した。同氏は6日、株式を売るべきかどうかTwitterでアンケートを投稿し、その結果は「売るべき」だった。

[ITmedia]

 米Teslaのイーロン・マスクCEOが11月8日(現地時間)から複数回にわたって大量の自社株を売却していることが、Teslaが米証券取引委員会(SEC)に提出した文書で明らかになった。これまでに少なくとも50億ドル相当の株式を手放している。

 sec SEC提出文書の一部

 マスク氏はTeslaから現金の報酬を受けておらず、すべてストックオプションで補償されているため、ここのところ税金逃れだと批判されている。同氏は6日、「最近、(株の)含み益が税金逃れの手段になっているといわれているようだ。そこで私のTesla株の10%を売ろうと思うんだが、支持する?」とアンケート付きでツイートした。その結果、賛成が57.9%と過半になった。


 同氏は9月、カーラ・スウィッシャー氏との対談で、「来年期限が来る(Teslaの)ストックオプションが大量にあるので今四半期中にオプションを売却する必要がある」と語っていた。

 kara カーラ・スウィッシャー氏(左)と対談するイーロン・マスク氏

 同氏は、「株を売却するのが私にとって税金を払う唯一の手段だ」ともツイートしている。

 だが、本稿執筆現在までに同氏が売却した株数はまだ数百万株であり、実際に保有している約2億4000万株の10%には程遠い。売却は今後も続くのかもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.