ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2021年11月18日 09時51分 公開

タランティーノ監督、「パルプ・フィクション」関連NFT販売でMiramaxに提訴される

人気カルト映画「パルプ・フィクション」のタランティーノ監督が、同映画に関連するNFTを競売にかけると発表。これに対し、版権を持つ映画会社Miramaxが契約違反だとして監督を提訴した。監督側は「NFT販売の権利はある」と主張している。

[ITmedia]

 米映画会社Miramaxは11月16日(現地時間)、映画監督のクエンティン・タランティーノ氏を米ロサンゼルス連邦地裁に提訴した。米The Varietyなどが訴状を添えて報じた。同社が権利を有する1994年公開作品「パルプ・フィクション」に関連するデジタル資産を同氏がNFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)として競売にかけることを停止するよう求めている。

 問題になっているのは、タランティーノ氏が2日に発表した7点のNFT。米ブロックチェーンのSecret Networkの「Secret NFT」として提供する。

 nft タランティーノ監督のNFT競売サイト

 NFTの内容は、「パルプ・フィクション」の最初の手書きの台本の画像、監督自身による解説、描画などが含まれる。タランティーノ氏は「パルプ・フィクションの独占シーンをファンに紹介できて嬉しい」と語っていた。

 Miramaxの主張は、Miramaxの同意なしにNFTを販売するのは契約に違反するというものだ。タランティーノ氏は脚本の一部の公開する権利は持っているが、NFTはその範疇にないとしている。

 これに対し、タランティーノ氏の弁護士はThe Varietyに対し「Miramaxは間違っている。タランティーノ氏はパルプ・フィクションの手書き脚本のNFTを販売する権利を持っている」という声明文を送った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.