ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2021年11月19日 13時22分 公開

2021年に最も使われたパスワード、世界1位は「123456」 日本の1位は?――Nord Security調べ

パスワード管理ツール「NordPass」を提供するパナマのセキュリティ企業であるNord Securityは、2021年で最も使われたパスワードのランキングを発表。その結果、世界50カ国での1位は「123456」であることが分かった。

[松浦立樹,ITmedia]

 パスワード管理ツール「NordPass」を提供するパナマのセキュリティ企業であるNord Securityは11月17日、2021年で最も使われたパスワードのランキングを発表した。その結果、世界50カ国での1位は「123456」であり、日本での1位は「password」であることが分かった。

 同社では世界50カ国で使われたパスワードを集計し、全体の合計値と各国でのランキング結果をトップ200まで算出。4TBに及ぶデータベースをサイバーセキュリティ事件の研究者と共同で評価し、リストを作成したという。結果は公式Webサイトで公開している。

 日本での結果は「password」が1位で最も多く、次点で「123456」「123456789」「12345678」が続き、キーボード左のキーを縦に順番に打った「1qaz2wsx」が5位に入った。世界50カ国には入らず、日本でのみランクインしたものには「sakura」が15位、「takahiro」が21位、「nekoneko」が35位などがあった。

日本のランキング上位5位

 世界50カ国のランキング1位は「123456」で1億317万552回使われており、次点で「123456789」(4602万7530回)、「12345」(3295万5431回)と続いた。日本で1位だった「password」は2095万8297回で5位だった。

世界50カ国のランキング上位5位

 Nord Securityは「トップ200のパスワードを盗み出すのにかかる時間はほとんどのものが1秒未満であり、最長でも3時間」と指摘。大文字や小文字、数字、記号などを組み合わせた12文字以上の複雑なパスワードの使用や、同じものを使いまわさないこと、90日ごとの定期的な更新などを推奨している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.