ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年11月24日 16時14分 公開

電子カルテから薬物効果の情報抽出、日本初 宮崎大、NTTデータ、ファイザー

宮崎大学、NTTデータ、ファイザーの3者が、日本で初めて、がん患者の電子カルテから薬物治療効果などを評価するために有益な情報を得られたと発表した。

[ITmedia]

 宮崎大学、NTTデータ、ファイザーの3者は11月24日、臨床に関する評価に自然言語処理を利用する共同研究を実施したところ、日本で初めて、がん患者の電子カルテから薬物治療効果などを評価するために有益な情報を得られたと発表した。

構造化されていない電子カルテのデータに自然言語処理を適用し、有用な情報を抽出した

 電子カルテに記録された、患者の経過記録といった構造化されていないデータに対し、単語の重要度評価や態度表現分析といった自然言語処理技術を適用。その結果、薬物治療の効果判定に関するキーワードや遺伝子検査の結果などを抽出できたという。

 今後は一般社団法人ライフデータイニシアティブも合流し、自然言語処理AI「BART」を使った薬物治療の効果判定モデルを生成する研究にも取り組むとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.