ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
SaaSビジネス研究所
ニュース
» 2021年11月29日 11時46分 公開

Sansan、紙の名刺作成サービスを独立化 オンライン名刺との併用ニーズ増で

Sansanが、名刺の作成や発注をオンラインで行えるサービスを、名刺管理サービス「Sansan」から独立したサービスとして提供する。オンライン名刺が普及する一方、紙の名刺を使い続けたり、2つを併用したりする人が多いことを踏まえた施策という。

[吉川大貴,ITmedia]

 Sansanは11月26日、名刺の作成や発注をオンラインで行えるサービス「Sansan名刺メーカー」について、独立したサービスとして提供を始めた。これまでは名刺管理サービス「Sansan」のオプションとして提供していたが、今後はSansanを導入していなくても利用可能にする。オンライン名刺が普及する一方、紙の名刺を使い続ける人や、併用する人が多いことを踏まえた施策という。

photo サービスのイメージ

 Sansan名刺メーカーは、紙やオンライン名刺用データの作成、管理部門への発注依頼などをオンラインで行えるサービス。これまではSansanの管理画面上でのみ使えるサービスだったが、独立したバージョンは「Google Workspace」上で使えるサービスとして提供。各種操作をGmailの画面上で行えるようにした。

photo UIのイメージ

 利用料は1アカウント当たり年額1500円(税込)。Google Workspaceは別途契約する必要がある。Sansan名刺メーカーについて同社は、これまでSansanを利用していなかった企業の利用を見込むとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.