ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2021年11月29日 12時38分 公開

MUFG信託銀の障害 原因は「修正プログラムの不備」 巻き戻しで解消

三菱UFJ信託銀で19日に発生した障害の原因は、「修正プログラムの不備により、適切な処理がなされなかったこと」。

[ITmedia]

 三菱UFJ信託銀行は11月26日、19日に発生したシステム障害は、「修正プログラムの不備により、適切な処理がなされなかったこと」が原因だったと発表した。

画像 ニュースリリースより

 障害は19日午前中に発生。ATMやインターネットバンキングで、一時的に取引できなくなった。

 原因は、キャッシュカードで本人確認を行うサービスを改善するために修正したプログラムに不備があったこと。修正前のプログラムに戻して復旧させた。

 今後は、事前検証を厳格化するなどして再発防止に努めるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.