ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年12月06日 11時33分 公開

Twitter、新CEO下の人事異動でデザインとエンジニアリングのトップ交代

Twitterは新CEOのパラグ・アグラワル氏の下、組織を再編した。この再編で、エンジニアリングチームのトップ、マイケル・モンターノ氏と、最高デザイン責任者(CED)を務めてきたダントリー・デイビス氏が退く。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは11月29日に新CEOに就任したパラグ・アグラワル氏の下、組織を再編する。同社が12月3日に米証券取引委員会(SEC)に提出した文書で明らかになった。

 sec

 再編の目的は「説明責任、スピード、運用効率の向上を推進する」ことで、コンシューマー、収益、テクノロジーの各分野にジェネラルマネジャー(GM)を配し、各GMにチームを主導させる。カイボン・ベイクプール氏、ブルース・ファルク氏、ニック・コールドウェル氏が各GMに就任する。また、新たなポジション「Chief of Staff」(参謀長)に、リンゼイ・イアヌッチ氏が就任する。

 左上から、ブルース・ファルク氏、マイケル・モンターノ氏、パラグ・アグラワルCEO、ダントリー・デイビス氏、リンゼイ・イアヌッチ氏、ジャック・ドーシー氏、カイボン・ベイクプール氏(イアヌッチ氏のツイートより)

 この再編で、2011年からエンジニアリングチームを率いてきたマイケル・モンターノ氏と、2019年に米Facebook(現Meta)からTwitter入りし、最高デザイン責任者(CED)を務めてきたダントリー・デイビス氏がそれぞれの役職から退く。

 デイビス氏は3日、自身のTwitterアカウントで「Twitterとその従業員を愛している。共に過ごせたことを光栄に思う」とツイートした。モンターノ氏も同日、「信じられないような道のりだった。とても感謝している」とツイートした。

 同社は11月29日、共同創業者のジャック・ドーシーCEOの辞任と、アグラワル氏の新CEO就任を発表した。ドーシー氏は任期満了(2022年の株主総会)後、取締役会からも退く見込みだ。2021年の株主総会は5月に行われた。

 jack パラグ・アグラワル氏(左)とジャック・ドーシー氏(アグラワル氏のツイートより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.