ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2021年12月07日 07時47分 公開

新型コロナワクチン接種証明書アプリ、公開は12月20日 iPhoneとAndroid向け

マイナンバーカードを使い、スマートフォンによって、国内外で利用できるワクチン接種証明書が入手可能になるのは12月20日からということが分かった。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 岸田総理大臣は、2021年12月6日召集された第207臨時国会で、所信表明演説を行った。

photo 岸田総理大臣

 岸田総理大臣は、新しい資本主義の下での成長に関するデジタル田園都市国家構想の中で「マイナンバーカードと、健康保険証、運転免許証との一体化、希望者の公金受取口座の登録を進めるとともに、本人確認機能をスマートフォンに搭載することで、利便性を向上させます。さらに、12月20日から、マイナンバーカードを使い、スマートフォンによって、国内外で利用できるワクチン接種証明書を入手できるようにします」と説明している。

 これは、デジタル庁が進めており日本政府が公式に提供する、新型コロナワクチン接種証明書を取得できるアプリ「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」のことで、具体的な受付開始日が明示されたことになる。

photo 新型コロナワクチン接種証明書アプリ説明ページ

 取得するためには、マイナンバーカード、マイナンバーカードの券面入力補助用暗証番号(カード受取の際に設定した4桁の数字)、パスポート(海外用を発行する方)に加え、マイナンバーカードが読み取れる(NFC Type B対応)端末、iOS 13.7以上、Android 8.0以上の動作環境のスマートフォンが必要になる。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.