ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年12月22日 10時08分 公開

iPhone 14は4800万画素カメラセンサー、iPhone 15はペリスコープカメラ搭載?

これまで1200万画素が続いていたiPhoneのカメラが4倍に?

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 iPhone 14のカメラは4800万画素のセンサーを搭載し、この変更によって台湾のカメラ部品サプライヤーであるLargan Precisionの財務が改善されるだろうとTF International Securitiesのアナリストであるミン=チー・クオ氏は予測している。Appleinsiderがそう伝えている

photo iPhone 13 Proのカメラ部

 iPhone 14はGalaxy S21のカメラのように、低照度写真では1200万画素カメラを使用し、明るい被写体では最大4800万画素望遠カメラを使用する仕組みになる可能性があるようだ。

photo Galaxy S21のカメラ

 クオ氏は、2023年にデビューするiPhone 15には、ペリスコープカメラや折りたたみ式のレンズ配置が採用される可能性があると予測している。

 ペリスコープカメラは、屈曲光学式望遠レンズを使用したOPPO Find X2 Pro、Galaxy S20 Ultraなどや、可変式望遠レンズを採用したXperia 1 IIIなどがある。

photo OPPO Find X2 Proのカメラ部

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.