ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年12月23日 13時05分 公開

フードデリバリー「foodpanda」、日本撤退 理由は「競合他社の増加や配達員不足」

フードデリバリーサービス「foodpanda」を手掛ける、ドイツのDelivery Heroは、日本での事業を売却すると発表した。売却の理由は「グループ内の他の成長優先事項に注力するため」としており、2022年第1四半期内に売却する予定。

[松浦立樹,ITmedia]

 フードデリバリーサービス「foodpanda」を手掛ける、ドイツのDelivery Heroは12月22日(現地時間)、日本での事業を売却すると発表した。売却の理由は「グループ内の他の成長優先事項に注力するため」としており、2022年第1四半期内に売却する予定。2020年9月の日本参入から1年半での幕引きとなる。

ニュースリリースの一部

 撤退の理由について同社は「日本市場での競合環境が著しく変化し、他社の参入増加したことや配達員の安定確保が困難になったことで、今後のビジネスに大きな影響を及ぼした」と説明。海外でのさらなる展開や新たな投資を検討する必要が生じたため、日本での事業撤退を決めたという。

 同社は、2021年の夏から参入した、ドイツでのfoodpanda事業の縮小も併せて発表。ケルンやデュセルドルフなど6都市から撤退し、イノベーションハブをベルリン中心部に残して新製品や技術開発に集中する予定。ドイツ事業の縮小の理由も日本と同様としている。

 日本法人であるDelivery Hero Japanは「現時点でのコメントは差し控える」と話しており、今後のサービスの展開などについて、運営上の協議や法的手続きを現在進めているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.