ITmedia NEWS > AI+ >
ニュース
» 2021年12月24日 13時43分 公開

2021年、企業が無償公開した新人エンジニア向け研修資料 機械学習やゲーム開発、AWS入門、数学などさまざま(1/2 ページ)

2021年も、さまざまな企業が自社の社内研修資料を無償公開したことが話題になった。2021年に無償公開した、企業の社内研修資料を取り上げた記事を紹介する。

[松浦立樹ITmedia]

 2021年、さまざまな企業が自社の社内研修資料を無償公開したことが話題になった。ITmedia NEWSでは主に、新人エンジニア向けに公開した資料などを記事として取り上げたところ、多くの反響が集まった。

 学べる内容は、機械学習やIT業界の文化、ゲーム開発、セキュリティ、AWS入門、数学など各社さまざま。100ページ以上のスライドや5時間を超える動画などの資料もあり、新人教育への力の入れ具合も垣間見える。改めて、2021年に企業が無償公開した、社内研修資料を取り上げた記事を紹介する。

セガ、3DCG技術の基礎に役立つ数学資料

 セガは6月15日に、2020年に社内勉強会で使った線形代数の教材を公式ブログで公開した。ゲーム制作では、キャラクターや背景を3次元で回転させたり、ゲームエンジンそのものを作ったりするときに線形代数を使うという。

セガが公開した資料の一部

 教材は全8部構成で150ページ以上。ベクトルや行列、3次元での回転を計算するときに使う「クォータニオン」について学べる。一部、分かりやすさを重視したため、用語の定義が一般的なものと異なる場合があり「“大人の学び直し”をしてみたい方はぜひ」とセガは案内する。

(関連記事:セガ、150ページ超の社内向け数学資料を無償公開 「3DCGの技術的基礎に」

サイボウズ、Webアプリ開発やIT文化などの基礎資料

 サイボウズは7月20日に、新人ITエンジニア向けの研修資料を公開した。4月から6月の間に社内研修で使用したものであり「Webアプリケーション基礎」や「ITコミュニティ文化と情報発信に共通する成長と貢献の要素」「日本語話者向け!ベトナム語超入門」など、20種類の幅広いジャンルの資料になる。

サイボウズの資料内容の一部

 同社は2018年から研修資料を毎年公開しており「各社のエンジニア研修や駆け出しエンジニアの役に立てれば幸い。(今後も)社内の研修用コンテンツをどんどん社外に公開することを夢見ている」としている。

(関連記事:サイボウズの“駆け出しエンジニア”向け研修資料が話題 Webアプリ開発やIT文化の基礎を無償公開

リクルート、AWS入門やマネジメント手法などの資料

 リクルートは8月20日、Amazon Web Services(AWS)やJavaScript、マネジメント手法「トヨタ生産方式」などを紹介した新人エンジニア向け研修資料を公開した。

リクルートの資料内容の一部

 これらの研修資料は、リクルートの新卒エンジニアが「現場で本当に必要な生きた知識・技術」を学べるように作ったもの。同社のベテラン社員の経験を基にした内容で、ほとんどの資料を内製しているという。

(関連記事:リクルート、新人エンジニア向け社内研修資料を公開 AWS入門やマネジメント手法など20講座以上

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.