ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2022年01月07日 14時24分 公開

ゲームの祭典「E3」、今年もリアル開催はコロナ禍でなしに

例年6月に開催のゲームの祭典「E3」は、2022年は少なくともリアル開催はなくなった。運営団体のESAが公式にそう発表した。オンライン開催などについては「詳細を間もなく発表する」としている。

[ITmedia]

 ゲーム関連の年次大規模カンファレンス「E3」の運営団体であるESA(Entertainment Software Association)は1月6日(現地時間)、「E3 2022」をリアルイベントとして開催することはないと公式に発表した。昨年の「E3 2021」同様のオンラインのみの開催になるとみられる。「詳細を間もなく発表することを楽しみにしている」という。

 esa

 リアルで開催しない理由を「新型コロナウイルス感染症を取り巻く継続的な健康リスクと、出展者と参加者の安全への潜在的な影響のため」としている。

 ESAは2020年6月に開催予定だった「E3 2020」を、やはり新型コロナの影響で3月に中止を決定した。E3 2021は当初からオンラインのみでの開催としていた。

 1月にラスベガスで開催されたテクノロジーの年次カンファレンス「CES 2022」は、リアルとオンラインのハイブリッド開催だったが、昨年末から急増した新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」の影響で当初参加予定だった企業が多数キャンセルした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.