ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2022年01月13日 08時44分 公開

PS5供給不足の中、PS4を年内100万台は製造──Bloomberg報道

「PlayStation 5」(PS5)の供給不足が続く中、ソニーは「PlayStation 4」(PS4)の製造を続けているとBloombergが報じた。年内に約100万台のPS4を製造する予定という。

[ITmedia]

 「PlayStation 5」(PS5)の世界的な供給不足が続く中、ソニーは前世代の「PlayStation 4」(PS4)の製造を続けていると、米Bloombergが1月12日(現地時間)、ソニーの広報担当者の言葉を添えてそう報じた。

 ソニーはPS4の製造中止について特に言及していたわけではないが、PS5の発売は2020年11月と、1年以上前のことだ。だが、コロナ禍の半導体不足などの影響で、PS5の供給不足が続いている。ソニーの直販サイトでさえ抽選販売で、現在次の抽選の予定は不明だ。

 ps 1 PS5の販売ページ

 Bloombergによると、ソニーは今年、PS5生産への圧力を相殺するために、PS4を約100万台製造する計画という。PS4はPS5より安価で製造が容易で、高度なプロセッサを採用していないとBloombergは説明する。

 現在、日本のソニーストアではPS4を3万2978円で購入できる。ただし、「お一人様一台限定商品」だ。Amazon.co.jpなどでもPS4を販売しているが、いずれもソニーストアより2万円以上高い。

 ps 2 PS4の販売ページ

 独Sutatistaによると、2013年発売のPS4は、これまでに1億1600万台以上を販売した。PS5の販売台数は1340万台となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.