ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2022年01月14日 11時59分 公開

人の表情をアバターに反映 一般的なWebカメラでOK VR接客システム、ドコモが開発

人の表情を、3Dアバターにリアルタイムに伝送・反映するシステムをドコモが開発。一般的なWebカメラで表情を取得でき、リアルに再現できるという。

[ITmedia]

 NTTドコモは1月13日、人の表情を、3Dアバターにリアルタイムに伝送・反映する遠隔接客システムを開発したと発表した。一般的なWebカメラで表情を取得でき、リアルに再現できるため、より対面の接客と近い感覚を得られるとしている。実際の接客シーンで実験し、商用化を目指す。

画像 利用イメージ

 VR空間などで接客するオペレーターの実際の表情をWebカメラで撮影し、3Dアバターにリアルタイムに伝送。オペレーター側は一般的なWebカメラから利用でき、顧客は「Oculus Quest2」とPC、スマートフォン、タブレットから利用できる。

 画面共有や文字チャットなどの機能も搭載しており、「遠隔地からのリモート接客による働き方改革や地方創生に貢献できる」としている。

 スマートフォン・タブレット版での表情の表現には、米ベンチャー企業のPinscreenの技術を採用。GAN(敵対的生成ネットワーク)を用いた独自技術でリアルな表現が可能という。レンダリングをサーバー側で行いストリーミングすることで、端末のスペックに依存せず高品質なアバターを利用できる。

画像 スマートフォン、PC版のアバターは「リアル」「デフォルメ」の2パターンから選べる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.