ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2022年03月04日 08時36分 公開

ウクライナ、予告していたエアドロップを直前に中止し、代わりにNFT販売計画を発表

ウクライナは暗号資産で支援してくれたユーザーに向けたエアドロップを計画していたが、「慎重に検討した結果」中止した。その代わりにNFTを発売すると発表。これまでに暗号資産で約5500万ドル調達したとしている。

[ITmedia]

 ウクライナのミハイロ・フェドロフ副首相は3月3日午後2時ごろ(現地時間)、「慎重に検討した結果、エアドロップを中止することにした。(中略)代わりにウクライナ軍を支援するNFT(Non-Fungible Token)を間もなく発表する。暗号資産(Fungible Token)を発行する予定はない」とツイートした。


 ウクライナ政府の公式Twitterアカウントは前日2日の午前8時過ぎ、エアドロップに向けたスナップショットを3日の午後6時に実施すると予告していた。

 fedorov フェドロフ氏のTelegram投稿

 エアドロップは一般に、ICOで資金を調達したいプロジェクトが発行したトークンをユーザーに無償配布すること。スナップショットはエアドロップを提供するユーザー情報を保存するために、暗号資産のある時点の環境をバックアップすることだ。

 フェドロフ氏は急なエアドロップ中止の理由を説明していないが、暗号資産関連メディアの米The Blockによると、ウクライナの暗号資産での資金調達を悪用する偽トークンが発行され、このトークンがかなりの取引量を集めたと報じた。

 フェドロフ氏は3日午後4時過ぎにTelegramのアカウントで、ウクライナ政府は暗号通貨での支援で、約5500万ドルを調達したと発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.