ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2022年05月02日 21時10分 公開

スクエニ、「トゥームレイダー」など手放す 北米の開発スタジオとゲームIP売却 約390億円で

スクウェア・エニックス・ホールディングスは2日、カナダや米国にある3つの開発スタジオと「TOMB RAIDER」シリーズなどのゲームIP(知的財産)をスウェーデン企業に売却すると発表した。

[ITmedia]

 スクウェア・エニックス・ホールディングスは5月2日、北米にある3つの開発スタジオや「TOMB RAIDER」(トゥームレイダー)シリーズなどのゲームIP(知的財産)をスウェーデンのEmbracer Group ABに売却すると発表した。Embracer Group ABは購入総額を「3億米ドル(約390億円)に達する」としている。

スクウェア・エニックス・ホールディングスのプレスリリース

 カナダに本拠を置くEidos Interactiveと傘下の開発スタジオ(Eidos montreal、Square EnixMontreal)、米Crystal Dynamicsの株式を全て売却する。これに伴いトゥームレイダーシリーズや「Deus EX」シリーズ、「Thief」シリーズ、「Legacy of Kain」シリーズなどの知的財産権もEmbracer Group ABに移る。

 スクウェア・エニックスは売却の理由を「選択と集中を一層進め、さらなる成長を実現するため」と説明。AIやブロックチェーン、クラウドといった領域への投資を進め、新規事業の立ち上げを加速するとした。

 スクウェア・エニックスはトゥームレイダーシリーズを開発していた英Eidos(当時)を2009年に約8430万ポンド(約121億円)で買収。その後、トゥームレイダーシリーズの開発はCrystal Dynamicsが担当していた。

現在のスクウェア・エニックスグループ拠点(同社Webサイトより)
Embracer Group ABのプレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.