ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2022年06月23日 18時30分 公開

三井住友、SBIに796億円出資 両グループ横断で個人向けデジタル金融サービス提供へ

三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)、三井住友カードは6月23日、SBIホールディングス(SBIHD)、SBI証券との包括的資本業務提携を発表した。併せて、SMFGはSBIHDに対し、796億5000万円を出資する。

[ITmedia]

 三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)、三井住友カードは6月23日、SBIホールディングス(SBIHD)、SBI証券と包括的資本業務提携について、基本合意書を締結したと発表した。併せて、SBIHDはSMFGを割当先とする第三者割当増資を実施。SMFGはSBIHDに対し、796億5000万円を出資する。

 両グループは、2020年4月に戦略的資本・業務提携に関する基本合意を締結。スマートフォン向け証券や金融サービス仲介、対面証券ビジネスなどで連携してきた。同年7月には三井住友カードとSBI証券が個人向け資産運用サービスで提携。今回、資本関係を含むさらなる連携促進を進めた結果、包括的な資本業務提携に至ったとしている。

 個人向けデジタル金融サービスにおいて、グループの垣根を超えた総合的なデジタル金融サービスの提供を目指す。三井住友銀行の「SMBCダイレクト」や三井住友カードの「Vpass」新規・既存ユーザーに対し、SBI証券のオンライン証券サービスをシームレスな形で提供する他、グループ間の協業も進め、3社で若年層、アクティブなマス層、準富裕層を含む、個人ユーザーに対し、「未来型の金融体験」を提供するという。

SBIのオンライン証券サービスをSMBCユーザーに展開する

 三井住友銀行は2700万人、三井住友カードは5000万人、SBI証券は850万人のユーザーを抱えており、業務提携により、リテール金融領域で国内トップの共同経済圏を持つとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.