ITmedia NEWS > 社会とIT >
セキュリティ・ホットトピックス
ニュース
» 2022年07月04日 16時04分 公開

岐阜県の病院に不正アクセス コロナワクチン接種者など最大11万件超の個人情報が流出か

幸紀会安江病院は、院内のコンピュータが不正アクセスを受け、患者と新型コロナワクチン被接種者の個人情報が最大11万1991件流出した可能性があると発表した。

[松浦立樹ITmedia]

 幸紀会安江病院(岐阜県岐阜市)は7月4日、院内のコンピュータが不正アクセスを受け、患者と新型コロナワクチン被接種者の個人情報が最大11万1991件流出した可能性があると発表した。氏名や生年月日、住所、電話番号、診療上の情報(病歴、治療歴など)、予防接種歴などが対象になるとしている。

幸紀会安江病院の公式Webサイトから引用

 不正アクセスが発覚したのは5月27日。患者情報データベースへのアクセスができなくなり、電子カルテシステムなど一部院内システムが停止。同日は一部業務を制限した診療体制を取っていたが、28日には復旧し通常通りの体制に戻った。岐阜県警察と厚生労働省への報告は27日中に行ったという。

 患者などの情報以外にも、同院職員715件の個人情報(氏名と生年月日、住所、電話番号)なども流出した可能性がある。同院は「システムおよびデータベースの仕組み上、抜き出した情報を閲覧・加工して不正に利用できる可能性は低い」としている。

 同院は不正アクセスを受けたことを謝罪。流出したおそれのある人たち向けに専用の問い合わせ窓口設置した。今後は岐阜県警察と厚生労働省と連携し情報管理体制の強化に努める他、調査機関に協力を依頼し全容解明に努めるという。

幸紀会安江病院の発表内容

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.