ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
SaaSビジネス研究所

「Office」「Teams」「Xbox」をVRに MetaとMicrosoft、パートナーシップ強化

» 2022年10月12日 05時40分 公開
[山川晶之ITmedia]

 米Metaは10月11日(現地時間)、同社のオンラインイベント「Meta Connect 2022」において、ハイエンドVRヘッドセット「Meta Quest Pro」を披露。Quest Proはエンタープライズ分野での利用も想定しており、その一環として米Microsoftとのパートナーシップを強化すると発表した。

(左から)米Metaのマーク・ザッカーバーグCEO、米Microsoftのサティア・ナデラCEO

 イベントには、Micorosoftのサティア・ナデラCEOが登場。今回のパートナーシップをもとに、MetaのVR会議ソリューション「Horizon Workrooms」向け「Teams」に取り組んでいることを明かした。これにより、VR会議からTeamsのミーティングに直接参加できるようになるという。

「Horizon Workrooms」から「Teams」にアクセス可能に

 また「Microsoft 365」や「Windows 365」をVR内のワークスペースに持ち込むことも想定している。「クロスデバイス、クロススクリーン体験が、将来のバーチャルオフィスの基礎になると考えている」「Microsoft 365とWindows 365のパワーを3D空間に導入して生産性を向上させ、全く新しい方法でコミュニケーションやコラボレーションを実現する」(ナデラCEO)

Microsoft 365がVRで作業可能に

 Quest Proは、エンタープライズ用途として、企業が従業員に配布することも想定されている。Microsoftでは業務利用のため、Meta Quest Proにも、モバイルデバイスやPCと同じセキュリティと管理オプションを用意するようだ。

 ゲーム分野でも「Xbox Cloud Gaming」をQuest向けに提供する予定という。「Questの巨大スクリーンでXboxのコントローラーを使って2Dゲームをプレイすることができる」としており、β版の画面を公開。一瞬だけだが「Microsoft Flight Simulator」をプレイする様子が確認できた。

「Xbox Cloud Gaming」のβ版画面
「Microsoft Flight Simulator」をプレイする様子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.