ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年11月11日 11時49分 公開

Microsoftの「Teams」とMeta(旧Facebook)の「Workplace」が初連携 WorkplaceでTeamsの配信を視聴など

米Meta(旧Facebook)の法人向けコラボレーションサービス「Workplace」が、米Microsoftのコラボレーションツール「Teams」と連携した。両サービスが連携するのは今回が初めて。

[山川晶之,ITmedia]

 米Meta(旧Facebook)は11月10日(現地時間)、法人向けコラボレーションサービス「Workplace」にて、米Microsoftのコラボレーションツール「Teams」と2つの連携機能を発表した。同日より無料で提供する。両サービスが連携するのは今回が初めて。

「Teams」と「Workplace」が連携

 連携により、TeamsからWorkplace内のコンテンツにアプリを切り替えることなくアクセスできるようになる。TeamsのサイドバーにWorkplaceの連携機能を固定表示しておくことで、TeamsユーザーはWorkplaceにアクセスしやすくなる。

 もう1つは、TeamsからWorkplaceへのライブ配信機能。両アプリのどちらからでもライブ配信による会議やイベントを視聴できる他、Workplaceでは配信映像を後から視聴することも可能という。同機能は2022年初めでの提供開始を目指す。

 MetaはコラボレーションツールでMicrosoftとの連携を強化しており、Workplaceは既に「SharePoint」「OneDrive」「Microsoft 365スイート」との連携機能を提供している。10月にはMetaのスマートディスプレイ「Meta Portal」でTeamsが利用できるようになるアップデートを発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.