ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年08月20日 06時53分 公開

Facebook、メタバース「Horizon Workrooms」のβ版公開 「Oculus Quest 2」で世界中から参加可能

Facebookは「Oculus Quest 2」で参加するバーチャル会議室サービス「Horizon Workrooms」のβ版を公開した。ザッカーバーグCEOが立ち上げたメタバース製品グループのサービス。アバターとして自分のPCとキーボードを持ち込んで参加できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは8月19日(現地時間)、メタバースのバーチャル会議室「Horizon Workrooms」のオープンベータ版を一般公開したと発表した。傘下のOculusが昨年10月に発売した「Oculus Quest 2」で誰でもダウンロードできる。

 horizon 1 バーチャル会議室「Horizon Workrooms」で語るマーク・ザッカーバーグCEO(のアバター)

 Horizon Workroomsは、物理的にどこにいても、自分のアバターとして1つのスペースに集まり、一緒に仕事ができるバーチャル会議室。MR(複合現実)技術で、自分のキーボード(のアバター)を会議室に持ち込んで入力することも可能だ。以下のようなことができる。

バーチャル会議室に自分のデスクを持ち込める

 「Oculus Remote Desktop」アプリ(Windows/Mac対応)と組み合わせることで、VR会議室にいながら1クリックで自分のPCにアクセスできる。

 Horizon 2

 自分のキーボードのバーチャル版で会議中にメモを取ったり、資料を見たり、会議室にいる他のメンバーと画面を共有することも可能。ただし、まだ対応する端末は限られている

自分のアバターでより自然な会話

 Horizon自体は2019年に発表されたVR世界。この段階のアバターは上半身しかないものだったが、今年の4月に大幅に改良され、かなり自然になった。

 このOculusアバターと空間オーディオ技術を使うことで、「あたかも同僚と一緒にいるような感覚になる」としている。空間オーディオ技術で、それぞれが着席している位置から声が聞こえる。

 horizon 3 後ろに座るザッカーバーグ氏の発言に振り向く他のメンバーたち

Quest 2のコントローラーで書き込めるホワイトボード

 バーチャル会議室に設置されたホワイトボードには、Quest 2のコントローラーで参加者全員がリアルタイムで書き込める。このホワイトボードには、PCの画像を貼り付けて、共同編集することも可能。ホワイトボードに書いたものは最後に画像として共有できる。

 horizon 4 ホワイトボードにコントローラーで書き込み

Quest 2を持っていない人も動画チャットで参加

 Quest 2を持っていない人はPCの動画チャットのゲストとして会議に参加できる。この場合はZoom(というかFacebookの場合は「Messenger Rooms」)のような画面がバーチャル会議室に表示される。参加できるのは50人までとなっており、Messenger Roomsを使うようだ。

 horizon 5 Quest 2を持っていない人は動画チャットで参加

コントローラーではなく手で表現できる

 Questの「ジェスチャーコントロール」を有効にすれば、コントローラーではなく、手を使える。ホワイトボードの画像を指差したり、ろくろを回したりできる。

 horizon 6 ろくろを回すザッカーバーグ氏(のアバター)

メモ、ファイル共有、Outlookのカレンダー統合、チャット

 Workroomsのバーチャル会議室内では、リアルなデスクに向かっているときと同じようにメモを取ったりファイルを共有したりOutlookやGoogleカレンダーと動機することでミーティングのスケジュールを管理したり招待したりできる。



 Workroomsを使うには、まずworkrooms.comにサインアップし、チームを作成する。既に同僚がWorkroomsを使っているなら、そのユーザーから招待してもらうこともできる。

 アカウントができたら、Oculusストアから「Horizon Workrooms」アプリをダウンロードしてインストールし、Quest 2とアカウントをペアリングする。FAQも参照されたい(本稿執筆現在、まだ英語のみ)。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.