ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >

画像生成AI「Stable Diffusion」開発会社、1億100万米ドルの資金調達 音声や動画モデルなど開発加速

» 2022年10月18日 14時56分 公開
[松浦立樹ITmedia]

 画像生成AI「Stable Diffusion」の開発元でAIスタートアップ企業である英Stability AIは10月17日(現地時間)、1億100万米ドル(約150億円、1米ドル=149円換算)の資金調達をしたと発表した。画像や言語、音声、動画、3Dなどの一般および法人向けのオープンAIモデルの開発を加速させるという。

英Stability AIは1億100万米ドルの資金調達を発表

 Stability AIに投資をしたのは、ベンチャーキャピタルの米Coatue Managementと米Lightspeed Venture Partners、米O'Shaughnessy Ventures LLCの3社。

 Stable Diffusionはオープンソース化された画像生成AIで、ライセンスを明記することで営利・非営利問わずに使用できる。画像生成AI「Novel AI Diffusion」(Novel AI)のベースとしても利用されている。日本でも日本語版「Japanese Stable Diffusion」や、LINEのAIチャットbotサービスなどが公開されている。

LINEのAIチャットbotサービスの利用例

 Stability AIは「Stable Diffusionは8月のオープンソース化の後、世界中の20万人以上の開発者がダウンロードした」と説明。Stable Diffusionのβ版として同社が公開していた一般向けサービス「DreamStudio」は、50カ国以上で100万人以上のユーザーが登録、1億7000万枚以上の画像を生成したという。

DreamStudio

 Stability AIのエマド・モスタークCEOは「AIが人類最大の課題を解決することを約束する。しかしこれを実現できるのは、その技術がオープンで誰もがアクセスできる場合に限られる」と主張。今後も生成系AIのオープンソース化を目指す姿勢を見せている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.