ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2023年02月04日 07時24分 公開

TwitterのマスクCEO、「広告収入をBlueユーザーに分配する」

TwitterのマスクCEOは、Twitter Blueの青いチェックマーク保持ユーザーと広告収入をシェアするとツイートした。「今日から」としているが、分配率などの詳細は不明だ。

[ITmedia]

 米Twitterのイーロン・マスクCEOは2月3日(現地時間)、「今日から返信スレッドに表示される広告の収益をTwitter Blue Verifiedアカウントユーザーとシェアする」とツイートした。


 本稿執筆現在、このツイート以外には、ヘルプページにも公式ヘルプアカウントにも詳しい説明はない。

 Twitter Blueは、月額1380円(モバイルアプリ経由の場合)あるいは980円(Webアプリ経由の場合)、年間加入では1万280円のサブスクリプションサービス。投稿後のツイートの修正や表示される広告数の半減などの機能を利用できる。

 さらに、Twitterの審査で承認されれば青いチェックマークが付与される。

 広告収入を得られるのは、この青いチェックマークのあるBlue会員のみだ。また、従来の青いチェックマークユーザーは対象外。マスク氏は、従来の青いチェックマークは「残念ながらひどく破損しているので、数カ月以内に廃止する」とツイートした。(ちなみにマスク氏の青いチェックマークも現在、従来のものだ。)

 「月に2セント稼ぐために8ドル払うって……クールだね」などとツイートしたユーザーもいるが、広告収入の分配率はまだ不明だ。

 クリエイターとの広告収入分配では、米TikTokがTikTok Pulseで先行している。米Google傘下のYouTubeも2月1日に「ショート」での広告収入分配を開始した。

 adrev 発表ツイート

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.