ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2024年02月07日 17時54分 公開

OpenAI、DALL・E 3で生成した画像にCP2Aの電子透かし追加

OpenAIは、画像生成AIモデル「DALL・E 3」で生成された画像にC2PAメタデータを含ませるようにしたと発表した。画像を「Content Credentials Verify」などにドロップすると発行元がOpenAIだと表示される。

[ITmedia]

 米OpenAIは2月5日(現地時間)、画像生成AIモデル「DALL・E 3」を提供するAPIで生成された画像にC2PAメタデータを含ませるようにしたと発表した。12日までにすべてのモバイルユーザーにも展開される見込み。

 Coalition for Content Provenance and Authenticity(C2PA)は、コンテンツの出どころや関連情報を埋め込むオープンな技術標準のメタデータ。もともとはデジタルコンテンツの信頼を確立するために2021年に設立された業界団体とその技術標準だ。Adobe、Intel、Microsoft、ソニーなどが参加している。

 例えばChatGPTのDALL・E 3で生成した画像をContent Credentials VerifyなどのWebサイトにドロップすると、画像の発行元がOpenAIで、使用したアプリがChatGPTであると表示される。

 gpt ChatGPTのDALL・E 3で生成した画像の検証結果

 Microsoft EdgeのCopilotで生成する画像もDALL・E 3ベースのはずだが、Content Credentials Verifyによると、発行元はMicrosoftで、アプリはMicrosoft Responsible AI Image Provenance 1.0という結果だった。

 designer EdgeのCopilotで生成した画像の検証結果

 今のところ、電子透かしを入れられるのは静止画像のみで、動画やテキストに含めることはできない。

 OpenAIは、メタデータを追加することで生成速度が遅くなったり、画像の品質が悪くなることはないとしている。また、ファイルサイズの増加もわずかという。

 米Metaも6日、Instagramなどの自社プラットフォーム上のAI生成画像にタグを追加すると発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.