ニュース
» 2019年12月17日 07時00分 公開

自然エネルギー:再エネ100%の水素供給ステーション誕生、Jクレジットの活用で

豊田通商グループのエネ・ビジョンは、RE100に対応した再生エネルギー由来の電力供給を2019年12月1日より開始した。

[スマートジャパン]

 豊田通商グループのエネ・ビジョンは2019年12月2日、RE100に対応した再生エネルギー由来の電力供給を2019年12月1日より開始したと発表した。Jクレジット制度を活し、CO2排出量が実質ゼロの電力を供給する。

名古屋熱田水素ステーション 名古屋熱田水素ステーション 出典:豊田通商

 RE100は、全企業活動を100%再生エネルギー電力で行うことにより、世界の炭素排出量を約15%削減することを目標に掲げる国際的な環境イニシアチブ。今回エネ・ビジョンは、100%再生可能エネルギー由来と認められる電力メニュー「RE100電気」を供給する。

 第1号の供給先は、豊田通商グループの豊通エア・リキードハイドロジェンエナジーが運営する名古屋熱田水素ステーション。RE100電気の供給により、同水素ステーションが消費する電力は実質100%再生可能エネルギー由来となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.