ニュース
» 2020年03月30日 07時00分 公開

国内最大“クルマ1200台分”の駐車場型メガソーラー、両面受光パネルを採用太陽光

村田製作所が岡山県瀬戸内市にある事業拠点の駐車場にメガソーラーを建設。1200台の分の駐車場スペースを活用した国内最大級というカーポート型のメガソーラーだ。

[スマートジャパン]

 村田製作所は生産子会社の岡山村田製作所(岡山県瀬戸内市)が所有する駐車場において、日本最大級という駐車場型メガソーラーが2020年3月27日から稼働を開始したと発表した。1200台の分の駐車場スペースを活用したカーポート型のメガソーラーだ。

完成した発電所の外観 出典:村田製作所

 発電所は裏面でも受光可能な両面発電パネル8010枚を採用。表面への直射日光だけでなく、駐車車両や地面などから受ける反射光でも発電できるよう工夫したという。システム全体の容量は2403kW(キロワット)で、初年度の発電量は一般家庭600世帯以上分の消費電力に相当する275万kWh(キロワット時)を計画している。これによるCO2排出量の削減効果は1698トンを見込んでいるという。

 なお、岡山村田製作所では今後さらに500台分の駐車場を活用した発電システムの設置を2021年中に予定している。これにより、システム全体の発電能力は約1.5倍となり、CO2削減効果もさらに高まる見込みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.