ニュース
» 2020年12月10日 07時00分 公開

トヨタの燃料電池車「MIRAI」に新型登場、航続距離850kmで給電機能も向上電気自動車(1/2 ページ)

トヨタ自動車は2020年12月9日、フルモデルチェンジした燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を発表。従来モデルより航続距離を高めた他、外部給電の機能も刷新。2つのグレードを用意し、価格は710万円〜805万円(税込)となっている。

[スマートジャパン]

 トヨタ自動車は2020年12月9日、フルモデルチェンジした燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を発表した。従来モデルより航続距離を高めた他、外部給電の機能も刷新。2つのグレードを用意し、価格は710万円〜805万円(税込)となっている。

2代目となった燃料電池車「MIRAI(ミライ)」 出典:トヨタ自動車

 2代目となるミライは、水素搭載量をこれまでの4.6kgから5.6kgに約20%拡大。さらにFC昇圧コンバータにSiC半導体を採用するなどユニット損失を低減するとともに、燃料電池スタックの性能向上や触媒リフレッシュ制御を導入することで、燃料電池システム全体の発電効率を高めた。これにより燃費は約10%向上し、標準のGグレードでは航続距離850kmを実現するという。

刷新された燃料電池システム 出典:トヨタ自動車

 なお、性能を高めた燃料電池システムは、トラックや鉄道など、乗用車以外への転用も見据えているという。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.