ニュース
» 2021年04月05日 13時00分 公開

船にトヨタ「MIRAI」のシステムを搭載、ヤンマーが燃料電池船の実証試験電気自動車

ヤンマーホールディングスおよびグループ会社のヤンマーパワーテクノロジーは、舶用水素燃料電池システムの実証試験を開始。トヨタ自動車「MIRAI」の燃料電池ユニットを搭載した船舶で、2025年の実用化に向け性能検証を進める。

[ITmedia]

 ヤンマーホールディングスおよびグループ会社のヤンマーパワーテクノロジーは2021年3月24日、舶用水素燃料電池システムの実証試験を同日より開始したと発表した。

舶用燃料電池システム実証試験艇 舶用燃料電池システム実証試験艇 出典:ヤンマーホールディングス

 両社は、将来の水素燃料を用いたパワートレインの技術開発の一環として、大分県国東市近海にて同試験を実施している。トヨタ自動車のMIRAI用燃料電池ユニットなどを組み合わせた船舶用燃料電池システムを開発し、同社製の実証試験艇に搭載して試験を開始した。

 実証試験艇は船体型式がEX38A (FCプロト艇)で、全長12.4m、全幅3.4m、総重量7.9tである。固体高分子形燃料電池モジュールを2基、70MPaの水素タンクを8本搭載しており、推進出力は250kW。

舶用燃料電池システム実証試験艇 外観および内観 舶用燃料電池システム実証試験艇 外観および内観 出典:ヤンマーホールディングス

 同艇は、国土交通省の「水素燃料電池船の安全ガイドライン」に準拠している。両社は今後、実運用に向けた船舶特有の課題を抽出して対策を評価する他、2025年までの実用化に向けて複数台の燃料電池システムを連結した大容量パッケージを開発し、より大型の船舶への提供を図るとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.