ニュース
» 2021年08月18日 13時00分 公開

ファミマとローソン、配送業務に燃料電池トラックを実証導入電気自動車

ファミリーマートとローソンが配送業務に小型の燃料電池トラックを導入する実証に着手。配送業務におけるCO2排出量の削減に向け、実用性や利便性の検証を行う。

[スマートジャパン]

 ファミリーマートとローソンは2021年8月10日、配送業務に小型の燃料電池トラックを導入する実証を行うと発表した。ファミリーマートはトヨタ自動車(トヨタ)といすゞ自動車が共同開発した車両を、ローソンはトヨタと日野自動車が開発した車両を導入する。

 ファミリーマートでは2021年10月以降、愛知県岡崎市にあるファミリーマート岡崎定温センターを起点とした1日3便の店舗配送コースに実証車両を導入する。既存の水素ステーションを利用し、最も高いレベルの配送品質を求められるという定温配送に燃料電池小型トラックを導入し、実用性や利便性の検証を行う。

 導入する車両はトヨタ自動車といすゞ自動車が共同開発したもので、走行距離は260km、水素貯蔵量が10kg、最大積載量が3トンとなっている。

ファミリーマートが導入する小型燃料電池トラックのイメージ 出典:ファミリーマート

 ローソンでは東京都大田区の低温配送センターに1台を導入し、既に同年7月30日から東京都内のローソン約20店舗への弁当やおにぎりの配送に活用している。今後、走行実証実験による評価を踏まえ、社会的・ビジネス的観点で実用化可能かどうかを検証するとしている。

 実証で利用する車両は、日野自動車の「デュトロ」をベースに、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」2代目の燃料電池スタックや水素タンクを活用。動力および冷蔵・冷凍用ユニットなどの電源を燃料電池化している。全長7.02m×全幅2.21m×高さ3.09mで、乗車定員は3人、重量2650kg、航続距離260kmで、最高速度は時速80km。

ローソンが導入した燃料電池トラック 出典:ローソン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.