ニュース
» 2021年09月27日 07時00分 公開

第一生命が専用の太陽光発電から電力調達、国内22カ所に発電所を新設太陽光

第一生命がコーポレートPPAのスキームを活用し、新設する太陽光発電から電力調達。同社は2023年度までに保有不動産における使用電力を100%再生可能エネルギー由来にする目標を掲げている。

[スマートジャパン]

 第一生命は2021年9月24日、国内22カ所に太陽光発電所を新設し、その電力と環境価値を自社保有施設で活用すると発表した。保有不動産における消費電力の再生可能エネルギー化に向けた取り組みの一環となる。

 この取り組みは、コーポレートPPAというスキームによる再エネ調達手法を活用したもの。これは企業や自治体などが、発電事業者から再生可能エネルギーの電力を長期にわたって直接購入する場合に用いられる契約形態だ。

 具体的には第一生命が今回契約を結んだクリーンエナジーコネクト(東京・品川)が、専用の太陽光発電所を全国22カ所に設置する。第一生命はこの発電所で生まれた電力およびその環境価値を、小売電気事業者のオリックスを介して電力を調達する。調達帰還は2022年2月から20年間となっている。

今回の電力調達スキームのイメージ 出典:第一生命

 さらに第一生命では、自社保有施設内に太陽光発電などを設置し、その電力を調達するオンサイト形式のコーポレートPPAにも取り組む。再エネ事業開発を手掛けるリニューアブル・ジャパンと共同で、保有施設の一部に自家消費用の太陽光発電の導入を進める。まずは関東エリアの16物件から検討を進めるとしている。

 第一生命は事業で利用するエネルギーを100%再生可能エネルギー由来とすることを目指す国際イニシアチブ「RE100」に加盟。2023年度までに保有不動産における使用電力を100%再生可能エネルギー由来にする目標を掲げている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.