キーワードを探す
検索

「情報漏洩」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第3回はNDA締結において意識すべきポイントの内、前回解説していないものを取り上げる。

()

総務省は一部サービスで個人情報の漏えいがあったとして、インターネットイニシアティブ(IIJ)に対し、電気通信事業法に基づく行政指導を書面で行った。同省は同社に、再発防止策の徹底とデータガバナンスの強化を求めている。

()

Microsoftのローコードアプリ開発スイート「Apower Apps」の「Power Appsポータル」で作成された47組織のアプリで、合計3800万件の個人情報がアクセス可能になっていたとUpGuardが報告した。脆弱性ではなく、初期設定のままツールを使うと公開する仕様になっていたため。Microsoftは初期設定を変更し、自己診断ツールを配布した。

()

脅威アクターからの不正侵入を認めた米通信大手のT-Mobileから追加情報が発表された。データ漏えいに加え、流出したデータに個人情報が含まれていたことも認めている。今後影響を受けるユーザーの範囲が拡大する可能性があり、動向に注目が集まる。

()

JFrogのセキュリティリサーチチームとForescout Research Labsは、制御システムに広く利用されているTCP/IPネットワークスタック「NicheStack」に14件の脆弱性を発見したと発表。リモートでのコード実行、サービス拒否、情報漏えい、TCPスプーフィング、DNSキャッシュポイズニングなどのサイバー攻撃につながる可能性がある。

()

DXの一環として顧客接点のデジタル化が進む一方、サイバー攻撃による不正アクセスや個人情報漏えいなどのリスクが増大している。これらから顧客情報を守りつつ、本来の目的であるCXを向上させるには、どのようなID管理の仕組みが有効か。

()

デジタルトラストを実現するための新たな情報セキュリティの在り方についてお届けする連載。今回は、ゼロトラストを構成する上で必要となるクラウドセキュリティ技術について解説する。

()

ヤマト運輸が、配送伝票に書く住所などの個人情報を伏字にし、氏名のみをQRコードにして記載するサービスを開始。住所や電話番号などを印字しないため「置き配」時にこれらを盗み見られるリスクが減らせるという。まずはECサイト「ZOZOTOWN」が導入する。

()

テレワークといっても、全てが在宅勤務を指すわけではない。場所に縛られない自由なワークスタイルは、コロナ禍が収束した後も“当たり前の働き方”として定着するだろう。社外に持ち出されるPCのセキュリティをどう確保すべきか。

()

LINEユーザーの個人情報が、海外の委託先からアクセス可能だった――とする報道に対し、LINEがコメントした。外部からの不正アクセスや情報漏えいが発生した事実はない。一方、中国の委託先では、一部公開コンテンツと通報されたトークテキストのモニタリング業務を行っているという。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る