キーワードを探す
検索

「美容」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

帝国データバンクは「理美容業」の倒産件数について調査した。それによると、2019年の倒産件数は167件で、4年連続で前年を上回っていることが分かった。

()

白髪染めなどをメインに手掛けて急成長を遂げているチョキペタ。2011年に営業を開始し、9年間で売り上げはおよそ100倍。カラーリングやシンプルなカットなど、主に40代以上以上の女性を中心に支持を広げている。売り上げ爆増の背景にある驚きの立地戦略とは?

()

 いつもガヤガヤ、安くて、おなかいっぱい−。かつてこんなイメージだった大学の食堂(学食)が変わりつつある。カフェのようなおしゃれな雰囲気の演出や、体作りや美容にこだわる学生向けプロテイン入りメニューの提供のほか、混雑時にアプリでメニューを予約できる仕組みも登場。独りぼっちでも気兼ねなく利用できる「ぼっち席」も好評で、学生の多様なニーズに合わせたサービスが広がっている。(有年由貴子、桑村大)

()

 黒い服には着やせ効果、アイメークを施した方が「デカ目」に見える−。こうしたファッションや美容の定説、耳にしたことがあるだろう。実は、見え方によって人間の脳がだまされる「錯視」の作用を応用したもの。印象論や主観で語られることが多かった“美しく欺く”効果を、科学的に証明する研究を大阪大の教授が進めている。(有年由貴子)

()

マクセルは2018年10月11日、同社で初めてとなる美容家電の新ブランドを発表した。ブランド名は同社名を逆読みした「llexam(レクサム)」で、美容家電事業への取り組みを強化する。ブランド価値向上と認知拡大を狙い、当面の間はレクサム製品を美容サロンルートのみで販売する戦略を取る。

()

月間約1400万人が利用するという美容情報サイト「@cosme」を運営するアイスタイルの取締役兼CFO 菅原敬氏。アイスタイルの創業秘話や、社内エンジニアの地位を変えたという組織づくりのコツ、世界の美容業界の変革を目指す語る菅原氏の経営哲学とは。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る