キーワードを探す
検索

「埼玉」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

アットホームは、不動産情報サイト「アットホーム」における賃貸居住用物件のコーナーで、閲覧数が多い人気の駅をまとめた「アットホーム人気の駅ランキング 埼玉県編」を公表した。ランキングでは、総合順位、カップル向き物件、ファミリー向き物件のカテゴリーで、「大宮」駅が1位にランクインし、さまざまな世帯に大宮駅が人気なことが裏付けられた。

()

Looopは2021年12月、さいたま市で整備が進む「スマートホーム・コミュニティ街区(第3期)」において、地域コミュニティのための分散型エネルギーマネジメントシステム「エネプラザ」の運用を開始した。太陽光、蓄電池、EV、ハイブリッド給湯器を組み合わせた域内システムにより、60%超の年間再エネ自給率を目指す。

()

埼玉県やさいたま市などは、日立製作所と連携し、県内全域のインフルエンザ流行状況をAIを活用して予測するサービスの実証実験を開始した。データ閲覧者の感染予防に向けた行動に与える影響なども調べ、有用性を検証する。

()

「GIGAスクール構想」に先駆けて教育現場のICT化を進め、公立小中学校のシステム基盤をフルクラウド化した埼玉県鴻巣市。教師のワークライフバランス改善や、生徒の学習環境の整備にも貢献したクラウド移行はどのように成し遂げられたのか。

()

埼玉県の小さな町工場から医療分野における「世界のスタンダード」が誕生するかもしれない。ミニ四駆のタイヤ製造で一世を風靡したものの、ブームが去り、売り上げはゼロに。そこから、畑違いの医療分野にて、町工場の強みを生かした製品をヒットさせた。現在はこんにゃくで模擬臓器を作っているという。売り上げゼロから立ち直った町工場、どんなストーリーがあったのか。

()

埼玉県警が、サイバー犯罪に関する捜査技術などを競う警察署対抗のコンテストを初めて開催した。サイバー犯罪の増加傾向を踏まえた取り組みで、大会の結果を分析し人材育成に活用するとしている。

()

さいたま市のNPO法人が、コンピュータゲームの腕前を競う「eスポーツ」の高齢者への普及に取り組んでいる。健康増進やコミュニケーション促進に重点を置く「シルバーeスポーツ」と銘打ち、行政機関や大学からも注目されている。

()

 企業のデジタルプロダクト開発支援などを行うLbose(熊本県熊本市)は、一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)のフリーランス活用経験のある企業担当者を対象に、「企業のフリーランス活用実態調査」を行った。その結果、64%がフリーランスの仕事に満足と回答し、78%が今後もフリーランスに依頼したいと考えていることが分かった。

()

清水建設は、埼玉県新座市で開発を進めてきた物流施設「S・LOGI新座プロジェクト」の最終棟「S・LOGI新座East2」が2021年6月に竣工したことを発表した。なお、S・LOGI新座プロジェクトは、先に竣工した物流施設「S・LOGI新座West」「S・LOGI新座East1」を含め、総投資額は約400億円で、総延べ床面積は19万平方メートルに上る。

()

西武鉄道は7日、プロ野球・埼玉西武ライオンズの本拠地、メットライフドーム(埼玉県所沢市)の最寄りの西武球場前駅で、停車した電車をテレワーク用のスペースとして開放するイベント「WORKING TRAIN(ワーキングトレイン)」を開いた。8日も実施する。

()

野村不動産は、埼玉県越谷市で開発を進めていた高機能型物流施設「Landport 越谷」が2021年5月末に竣工したことを公表した。Landport 越谷は、物流業務の効率化をサポートするトラック予約受付サービス「MOVO Berth」や消費電力削減に貢献する「人感センサー付き照明」をLandport シリーズで初導入している。このようなサービスや施設の設計が評価され、関東圏を中心に物流事業を展開する拓洋による一棟利用が決定している。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る