キーワードを探す
検索

「タワー型サーバ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

2018年6月13〜15日に千葉・幕張メッセで開催される、ネットワークとセキュリティを中心としたITの展示会、「Interop Tokyo 2018」の見どころを、Best of Show Awardノミネート製品を通じて紹介する本連載。第3回の今回は、AI、IoT、サーバ、ストレージなど、ノンジャンルで特徴的な製品を紹介する。

()

インテルが新世代Xeon「インテル Xeon スケーラブル・プロセッサー」を正式に発表。Dell EMC、QCT、富士通、レノボなどのハードウェアベンダーも、新Xeonを採用した製品群をリリースする。

()

2016年1月に施行される「マイナンバー制度」は、企業にとっては負担にはなるものの、システムの更新や改善のよい機会でもある。とはいえ、どこから手を付けてよいか悩んでいる企業も多いだろう。そこで、既存システムとは切り離したシステムを新たに構築し、そこでマイナンバーを管理するというアプローチを検討してはどうだろうか。

()

デルは、9月9日にPowerEdgeの第13世代(13G)製品4機種の販売を開始した。インテルの最新CPUを搭載するとともに、サーバーに関する企業の課題を解決するためのさまざまな機能強化を行っている。ポイントは、今後の「第3のプラットフォーム」の進展に備えるべく、拡張性、サーバー管理、アプリ高速化を、ただものではないレベルにまで高めていることだ。

()

仮想化が一般化した昨今のサーバ・システム。旧サーバの延命が目的だった数年前とは違い、最初から仮想環境上で動作させることを前提としたシステムが求められている。本連載では、Windows Server 2012 R2のHyper-Vをベースにして、今使える仮想化システムの技術トレンドや設計、機器の選択方法などについて解説する。第1回では、CPUとメモリのサイジングについて解説する。

()

SCSKが2013年春にサービスを開始した「USiZEクラウドファイルサーバ」は、ファイルサーバのディザスタリカバリを想定したクラウドバックアップサービスだ。コストメリットやパフォーマンスに強みがあり、これまでユーザー企業において導入の妨げとなっていたさまざまなボトルネックを解消する、まさにデータバックアップのための救世主といえよう。

()

多くの企業が導入している仮想化だが、現状その多くが部門ごとに運用しており、全社レベルでの全体最適化にはほど遠い状況だ。そこで富士通は、最新の仮想化技術を駆使して、全社レベルで仮想化基盤を統合する「統合仮想インフラ」という考え方を提唱している。その統合仮想インフラの中核となるのが同社のPCサーバ「PRIMERGY(プライマジー)」と最新OS「Windows Server 2012」の組み合わせだ。

()

オフィス全体の消費電力量の中で、サーバが占める割合は決して小さいとはいえない。しかし、節電のためとはいえ強引に止めることもできないため、定常運転を続けている例が多い。NECは、重要なサーバの性能を維持しながら、節電を実現する機能を盛り込んだ製品を発表した。

()

オフィスでファイルサーバを導入しているところは多い。だが、HDD込みのシステムとして購入すると、償却前に容量が足りなくなったとき、コストや保守の面から対応が困難になりやすい。また、ユーザーやファイル数が増えてくればファイルサーバ自身のパフォーマンスが問題になることもある。今回は実際にTurboNASのリプレースを行う場合の手順について紹介しよう。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る