レビュー
» 2013年02月26日 19時00分 公開

プレミアムスポーツハッチに生まれ変わったボルボ「V40」の実力試乗インプレッション(4/4 ページ)

[吉村哲樹,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4       

スポーツドライビング寄りに振ったセッティング

 走行ステージを山道に移して、コーナリング特性も軽く試してみた。ちなみにV40は外観だけでなく、走りの面でもスポーティさを体現した「真のドライバーズカー」をうたう。各種のトラクションコントロール、スタビリティコントロール機能を備え、かつサスペンションの構造やセッティングもスポーツドライビングを前提とした仕様になっているという。

V40V40

 実際、コーナリングはかなり軽快な印象だ。コーナー進入時のステアリングのレスポンスは良好。見た目どおりの重心の低さが効いているのだろうか、コーナリング中の挙動も極めて安定している。ワインディングでのちょっとしたスポーツ走行なら、問題なくこなせそうだ。

 一方で、市街地では乗り心地の硬さが少し気になる。ちょっとした路面の荒れやギャップを乗り越える際に、ある程度の突き上げ感がシートに伝わってくる。走行性能の高さと引き換えの硬さなのかもしれないが、気になるようであれば16インチタイヤを履くベーシックグレードも試してみるべきだろう。

 また、決して不快なノイズがキャビン内に入ってくるわけではないが、高級車種と比べると静寂性は若干劣るように感じた。V40はボルボのモデルとしては初めてアイドリングストップ機構が搭載されている。その作動は極めてスムーズで、再始動時のもたつきなどを感じることはない。街乗りメインの走り方であれば、これはかなり燃費向上に貢献するかもしれない。これまで動力性能の高さやスポーティな走りをメインに紹介してきたが、V40はJC08モード燃費でリッター16.2キロを達成している低燃費モデルでもあるのだ。

ボルボ初採用のデジタルカラー液晶メーターが楽しい

 ちょっと細かいところを紹介したい。これまたボルボとしては初採用となったデジタル液晶メーターパネルの視認性の高さだ。ドライバーの好みに応じて、標準モードの「Elegance」、緑色基調の「Eco」、赤色基調の「Performance」という3種類のデザインテーマの中から好きな表示モードを選べるのだが、どのデザインもシンプルで視認性がいい。ただし、表示方法を変更してもクルマのセッティングに変化はなく、強いて挙げればドライバーの運転意識のほうが変わるという、ちょっと不思議な仕掛けでもある。

 また、道路標識の内容をカメラで自動的に読み取り、その情報をメーターパネル内に表示してくれる「ロード・サイン・インフォメーション」の機能も面白い。現在走っている道路の制限速度を示す小さな標識アイコンが、メーターパネル内に表示される。目新しい機能だけに、どうしてもギミック的な面白さが先に立ってしまうが、これも安全運転に寄与する極めて実用的な機能だといえよう。

V40V40V40 (左)シャンパンゴールド基調の「Elegance」(中)緑色基調の「Eco」(右)赤色基調の「Performance」
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -