ニュース
» 2010年10月20日 20時22分 UPDATE

仕事耕具:メンテナンスは左側面から――トナーカードリッジ交換口を集約、キヤノンのA3モノクロレーザー複合機

キヤノンは、A3対応モノクロレーザー複合機「Satera MF7455N/MF7430」を11月上旬に発売。幅622ミリの本体の正面と左側面にメンテナンス部を集めており、オフィスの隅にも設置しやすいのが特徴だ。

[藤村能光,Business Media 誠]
Satera MF7455N Satera MF7455N(出典:キヤノン)
ドラム一体型カードリッジ方式 ドラム一体型カードリッジ方式(出典:キヤノン)

 キヤノンは、A3対応モノクロレーザー複合機「Satera MF7455N/MF7430」の2機種を11月上旬に発売する。価格はMF7455Nが88万2000円、MF7430が75万6000円。

 MF7455Nはコピー、印刷、FAX、スキャンの4機能、MF7430はコピー、FAXの2機能を備える。A4横の印刷/コピー速度は毎分25枚で、ファーストコピータイムは6.9秒以下。A3は毎分15枚、B4は同11枚、B5は同23枚。

 4枚の原稿を1枚にまとめる「4in1」機能、最大50枚(A4)の用紙を連続で読み込める自動両面原稿送り装置も備えている。

 ドラム一体型カードリッジ方式を採用しており、カードリッジ交換でメンテナンスができる。液晶部分には「1/4型VGA大型液晶タッチパネル」を搭載しており、動作やメンテナンスの方法を表示する。

 大きさは622×676×672ミリ(幅×奥行き×高さ)。本体正面と左側面にメンテナンス部を集約しており、オフィスのコーナーにも設定しやすいのが特徴。重さは約50キロ。待機時の消費電力は3ワット以下、TEC値は1.23キロワット時。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ