ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「メンテナンス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「メンテナンス」に関する情報が集まったページです。

M1 MacとmacOS Big Surフル対応のMacメンテナンスソフト「BuhoCleaner」を試す
容量の少ないモデルでは便利な、無駄ファイルを効率的に削除する機能がある。(2021/3/1)

リコージャパン株式会社提供ホワイトペーパー:
老朽化した仮想化基盤を移行――札幌中央信用組合が直面した3つの課題と解決策
札幌中央信用組合は、拡張性やメンテナンス性、管理性が悪くなっていた仮想化基盤を刷新。既存の構成を生かした移行により、従来の運用スタイルやノウハウを引き継ぎながら、コストを抑えた移行を実現した。(2021/2/15)

ヴイエムウェア株式会社提供Webキャスト
脱Dockerfileで実現する、セキュアなコンテナ利用とビルド・管理の自動化
現在、多くの開発環境で利用されるコンテナだが、Dockerfileベースのビルドは、大規模かつセキュアな運用に向いているとは言いにくい。開発・運用の効率化とセキュリティ確保を両立するには、ビルドやメンテナンスの自動化が必要だ。(2021/1/27)

製造IT導入事例:
メンテナンス作業者向けに、ARを活用した体感型トレーニングシステムを構築
電通国際情報サービスは、明電舎が新たに開設した体感型技術研修センター「Manabi-ya」に、メンテナンス作業者向けARトレーニングツール「バーチャルアセット」を納入した。(2021/1/21)

電池交換不要を目指したボードを開発:
日本ガイシとローム協業、半固体電池+電源を提案へ
日本ガイシとロームは2021年1月20日、電池交換不要のメンテナンスフリー機器実現に向けて協業すると発表した。(2021/1/20)

整形男子アレン、落差激しい歯抜け写真を公開 「歯が無い姿見ると、ホント精神参ってくる」
メンテナンス大変そう。(2021/1/19)

第4回インフラメンテナンス大賞:
時速100kmで覆工コンクリートの変状を検出するシステムが国交大臣賞
国土交通省らは、第4回インフラメンテナンス大賞の表彰式を開催し、応募総数288件の中から、計35件の受賞事例を発表した。今回は、時速100キロでも覆工コンクリートの変状を高解像度で検出するシステムが国土交通大臣賞を受賞し、AIを活用した「送電鉄塔の腐食劣化度診断システム」が経済産業大臣賞に入賞するなど、受賞事例は多岐に及んだ。(2021/1/13)

製品動向:
共同エンジニアリングが工場向けに配管設計・図面納品サービスを提供開始
共同エンジニアリングは、高度経済成長期に建設されたプラントと工場で、設備のメンテナンスを行うための正確な現地寸法と情報の取得に関するニーズが高まっていることを踏まえて、3Dレーザー計測データCAD化ソフト「Galaxy-Eye」を活用した配管設計・図面納品サービスを開発した。(2021/1/13)

住宅ビジネスフェア2020:
住宅の長寿命化に役立つCjK部材とは?長住協
長期使用住宅部材 標準化推進協議会は、住宅の長寿命化と建物のメンテナンスを容易にするために、住宅部材の標準化を推進している。(2021/1/12)

KONAMI、PC版「ボンバーガール」オープンβテストを一時中止に 開始初日からトラブル続く
開始早々の長期メンテナンス……KONAMI……うっ。(2021/1/7)

製造ITニュース:
プラントなどのバルブの健全性を診断するクラウドサービスを提供開始
アズビルは、プラントや工場で稼働するバルブの健全性の診断結果を可視化するクラウドサービス「Dx Valve Cloud Service」の提供を開始した。ユーザーは状態基準保全を考慮したメンテナンス計画を容易に立案できるようになる。(2020/12/9)

シャープの「マスク定期便」が申込受付を停止 アクセス集中で
シャープの「マスク定期便」が2日正午現在、メンテナンスのため申込受付を停止している。サービスを開始後からアクセスが集中、「エラーメッセージが出る」などの不具合が発生した。(2020/12/2)

VRニュース:
MRで製造業のテレワークをサポートする、現場支援サービスを開始
情報技術開発は、MRで製造業のテレワークをサポートする「Mixed Reality現場支援」サービスを開始した。教育や遠隔作業などを支援するとともに、複合現実空間を創り出してメンテナンス業務の効率向上につなげる。(2020/12/1)

21年春から:
京王電鉄、終電を最大30分繰り上げ 深夜の利用は5割減
京王電鉄は、2021年春のダイヤ改正で、京王線と井の頭線の終電時刻を繰り上げる。新型コロナウイルスの影響によって深夜時間帯の需要が縮小。生活様式の変化に合わせた運行や夜間のメンテナンス時間の確保を目的にダイヤを変更する。(2020/11/18)

クラウドやAIとの連携も
エッジゲートウェイで“止まらない監視カメラシステム”を実現する方法
セキュリティや生産管理の高度化には多数の監視カメラによる映像データの収集が必要だ。一方で監視カメラをはじめとしたIoTデバイスの稼働監視やメンテナンスは簡単ではなく、担当者を悩ませる。どうすればいいのか。(2020/11/20)

伊藤かずえ、30年ともにした初代シーマで疾走 メンテナンス行き届いた美ボディーに「これが真の愛車」
他の車と並んでもそん色ない……。(2020/11/11)

産業用ロボット:
190〜800kg可搬のパレタイジング用途ロボット4機種、異常時の警告機能など採用
安川電機は、新型パレタイジング用途ロボット「MOTOMAN-PL」シリーズ4機種を発売した。ロボットコントローラー「YRC1000」に対応するとともに、省エネ性能やメンテナンス性を向上している。(2020/10/29)

製造マネジメントニュース:
お手本はマツダ、“現場の使いやすさ”を追求したOKIのLEDプリンタ
OKIデータは2020年10月22日、医療や流通、小売り、工場など印刷が欠かせない現場向けに特化したカラーLEDプリンタ「COREFIDO(コアフィード)C650dnw」を発売したと発表した。現場向けでのニーズを徹底して調査し、同等機種で最小クラスの本体サイズを実現した他、設置やメンテナンスの省スペース化、高い生産性を両立させた点が特徴である。(2020/10/23)

湯之上隆のナノフォーカス(31):
Lam Researchが打ち立てた金字塔、“1年間メンテナンスフリー”のドライエッチング装置
Lam Researchが「365日メンテナンスフリー」と銘打ったドライエッチング装置「Sense.i」を開発した。Sense.iは何がすごいのか。その特長と、Sense.iがもたらすであろう製造装置分野への影響、さらになぜLam Researchがこのような装置を開発できるに至ったかを解説する。【訂正あり】(2020/10/14)

船も「CASE」:
日本郵船の避航操船AIが学ぶ、「ベテラン船長の技」とは
日本郵船は日本の大手“海運”会社の1つだ。そのグループ企業には船舶関連技術の研究開発に取り組む日本海洋技術とMTIがある。彼ら日本郵船グループが手掛ける研究開発案件は、自動運航関連からリモートメンテナンス、環境負荷低減、高効率舶用ハードウェア、船舶IoT、航海情報統合管理システム、操船支援システム、船陸情報共有プラットフォームなど多岐にわたる。(2020/10/12)

船も「CASE」:
“超アナログ”のタンカー配船計画、出光はどうやってデジタルツイン化したのか
海運業界で進む「ICT活用」は操船や運航に関連した分野だけではない。メンテナンスや配船といった広い業務に広がりつつある。2020年6月30日に出光興産とグリッドから発表があった「石油製品を運ぶ内航船の海上輸送計画(配船計画)を最適化する実証実験」も、海運業界におけるICT導入の試みだ。(2020/9/28)

省エネ機器:
温泉水の熱交換を低コスト化する新装置、未利用熱の活用促進にも期待
NEDO、東北大学、馬渕工業所、小浜温泉エネルギーは、固形物が析出しやすい温泉水でも安定した熱交換が可能な熱交換器の開発に成功したと発表。温泉水の熱交換器のメンテナンスコストの低減が見込める他、温泉以外の分野にも適用でき、未利用熱や再生可能エネルギーの活用促進への貢献も期待できるという。(2020/9/24)

FAニュース:
メンテナンスが不要なバッテリーレス表示機能付きRFIDタグ提供開始
凸版印刷は、バッテリーレス表示機能付きRFIDタグ「Near cross D 2.9」を開発し、製造業や流通、小売業に向けて提供を開始した。電子ペーパーの活用により、電池交換や充電などのメンテナンスの必要がない。(2020/9/10)

光ファイバーから出た光の位相変化を抽出し、AIで分析:
電柱のメンテナンスもテレワーク対応? NECがAIと光ファイバーで遠隔から「電柱のひび割れ判定」に成功
NECはAIを使ってコンクリート電柱のひび割れの有無を判定することに成功した。既存の通信用光ファイバーを振動センサーにする「光ファイバーセンシング技術」で関連するデータを遠隔から取得できる。(2020/9/4)

RPAの運用管理や遠隔監視をSaaSで 日本IBMが新サービスを開始
「オートメーション・オペレーション・コマンド・センター」(AOCC)は、同社が「デジタルレイバー」と呼ぶ、自動化されたプロセスの遠隔監視や運用、メンテナンスを支援する。(2020/9/2)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
全方向360度、自在に動き回る水中ドローン「FIFISH(ファイフィッシュ)V6」
ジュンテクノサービスは、電気工事業・ドローン事業を専業とする企業。同社直営のドローンテクニカルファクトリー川越では、水中ドローンの販売やメンテナンスを行っている。(2020/8/28)

2025年の崖を克服するために
既存システムをカスタマイズせず連携、シームレスな会計データハブ
システム連携の複雑化、属人化に伴うメンテナンス性の低下、グループ企業ごとに異なるERPの導入、企業買収による決算期の相違、基幹システムのSaaSへの移行など、会計システム連携における企業の悩みは尽きない。(2020/8/31)

米商務省がHuaweiに対する「輸出一時許可」を延長せず スマホやタブレットへの影響は?
米商務省が、中国Huaweiに対する制裁措置を強化する旨を発表した。その中で、既存取引のメンテナンスを許容する「一時的一般許可証」の延長が行われなかったことにも言及されている。今後、Huaweiのスマホやタブレットにはどのような影響が出るのだろうか。【追記】(2020/8/18)

PR:太陽光O&Mのプロが選ぶパワコンの条件、なぜファーウェイが選ばれたのか
太陽光発電所のO&M(オペレーション&メンテナンス)とアセットマネジメントにおいて、国内トップクラスの受託実績を誇るオリックス・リニューアブルエナジー・マネジメント。同社は、なぜファーウェイを選ぶのか── 実質O&Mコストの削減に挑み続ける、戦略責任者の百合田和久氏に聞いた。(2020/8/13)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
光ファイバーでインフラ構造物の変化を検知する新システム、OKI
沖電気工業は、「メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020」(2020年7月29〜31日、インテックス大阪)内の「インフラ検査・維持管理展2020」で、光ファイバーや加速度センサーを用いたインフラ構造物のモニタリングシステムをPRした。OKIは、インフラ構造物を対象に、光ファイバーや加速度センサーを用いた用途ごとのモニタリングシステムを展開している。(2020/7/31)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
インフォマティクスがメンテ展OSAKAで、ARやMRの現場支援システムを展示
インフォマティクスは、「メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020」(2020年7月29〜31日)で、パノラマ画像と点群データを同時に取得できるシステムや現場の状況を共有可能なスマートフォンアプリなどを訴求する。(2020/7/28)

楽天モバイル、突然の平日昼間13時間メンテ告知は誤掲載 利用者は困惑
楽天モバイルは17日朝、同日午前8時から午後9時まで携帯電話サービスのメンテナンスを行うと告知したが、後にメンテナンス実施の告知は誤りだったと発表し謝罪した。(2020/7/17)

直前告知:
楽天モバイルが比較的広範囲の「システムメンテナンス」を告知も「誤掲載」と判明【訂正あり】
楽天モバイルが、7月17日に断続的な「システムメンテナンス」を実施すると告知した。しかし、それは「誤掲載」であると判明した。(2020/7/17)

FAニュース:
温室効果ガスの使用量を約14%低減した新型ガス絶縁開閉装置
日立産機システムは、メンテナンス性を向上させた「新型72/84kVガス絶縁開閉装置」を2020年7月1日に発売する。シンプルな構造と最適な収納機器レイアウトで、温室効果ガスの使用量を約14%低減した。(2020/7/10)

ロボット:
JR西日本がロボットベンチャー「人機一体」に出資、鉄道メンテを機械化
JR西日本イノベーションズは、ロボットベンチャーの人機一体に第三者割当増資を行った。今後は、JR西日本グループ内で人機一体のロボット技術を活用し、鉄道メンテナンス作業の高効率化を目指す。(2020/6/16)

インフラメンテナンス最前線:
「インフラ点検の常識を変える“RaaS”で世界へ」、東工大発ロボベンチャーHiBot CEOに聞く
発電所や化学プラント、航空機など、極限環境に耐えるインフラ点検ロボットと、AIデータプラットフォーム「HiBox」の2つから成るRaaS事業を展開する東工大発ベンチャーのHiBot――。これまで、清水建設との共同研究や福島第1原発でのアーム型ロボットの採用など、ロボティクス分野で多数の実績を積み重ねてきた。創業から16年が経った2020年は、第2創業期としてターニングポイントを迎え、多国籍コングロマリット企業やプラント分野で有力な国内のメンテナンス会社とパートナーシップを締結するなど、グローバル市場での飛躍を志す。(2020/6/15)

製造業のサービス化:
PR:「緊急対応」を減らす遠隔監視と予兆保全、強みを生かし3社協業で提供
工場設備や産業機械などのB2B製造業にとって、重要な業務の1つがメンテナンスや故障対応を行うフィールドサービス業務である。機器のIoT化が進む中で、機器からのデータ取得による「遠隔監視」や「予兆保全」により、このフィールドサービスを効率化しようとする動きが加速している。しかし、これらのサービスをB2B製造業単独で開発するのはハードルが高い。そこでこれらの課題を解決すべく取り組みを開始したのが、東京エレクトロンデバイス、SBテクノロジー、コンテックの3社である。3社協業による狙いと効果について聞いた。(2020/6/15)

モビリティサービス:
コネクテッドカーを道路の保守管理に、ソフトバンクが米国に新会社
ソフトバンク、建設コンサルタントのパシフィックコンサルタンツとオリエンタルコンサルタンツグローバルは2020年5月26日、コネクテッドカーを利用した道路インフラメンテナンス事業を展開する共同出資会社「i-Probe(アイプローブ)」を設立したと発表した。(2020/6/2)

ポケモンGOで初の大規模メンテナンス 2日未明から7時間
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)が、大規模なサーバーメンテナンスを実施します。期間は6月2日の午前3時から午前10時頃まで。この時間はゲーム自体が利用できません。(2020/6/1)

スマホ版ラブプラス、サーバ保存の写真が見られない不具合 メンテでデータ削除、復旧見込めず
ラブプラス EVERYで、ユーザーがサーバに保存していたゲーム画像などが正常に表示されない不具合が発生した。同日のメンテナンス中、サーバに保存された写真を誤って削除したのが原因。復旧は不可能としている。(2020/5/27)

電子ブックレット(BUILT):
NEXCOのトンネル事故防止策など「本音のインフラメンテ」セミナーまとめ
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回紹介するのは、インフラメンテナンス国民会議など主催した「社会インフラテック」(2019年12月4〜6日)で開催したトークセッション「本音のインフラメンテナンス〜体制・組織・人のあり方」のまとめです。(2020/5/26)

MacPaw、MacOS用のシステムメンテナンスソフト「CleanMyMac X」の販売をApp Storeで開始
MacPawは、同社製のmacOS用システムメンテナンスソフト「CleanMyMac X」をApp Storeで販売すると発表した。(2020/5/19)

山市良のうぃんどうず日記(178):
全ての仮想マシンが停止したらホストをシャットダウンするスクリプト
本連載第174回では、Windows Server 2016の更新プログラムのインストール時に実行が重なると影響が大きいメンテナンスタスクについて、時短に役立つかもしれないコマンドラインのテクニックを紹介しました。今回はその応用です。(2020/5/13)

業界動向:
ドラレコ映像活用で“高鮮度”な地図情報を提供、ゼンリンとMoT
ゼンリンとMobility Technologiesは、ゼンリンが展開するナビゲーションシステムや自動運転時に使用される地図情報のメンテナンス効率化に向けて、道路情報の自動差分抽出の共同開発を行うことに合意した。(2020/5/13)

IBMがRed Hat OpenShift 4.3 on IBM Cloudを提供開始、セキュリティと生産性を強化
IBMは、Red Hat OpenShift on IBM Cloudを拡張し、Red Hat OpenShift 4.3を提供する。セキュリティ機能や生産性機能を強化し、更新やスケーリング、セキュリティの確保、プロビジョニングといったメンテナンス作業の時間を最小限に抑えられる。(2020/5/8)

IoTセキュリティ:
PR:既存の機器をセキュアにIoT化、約8ドルのチップで10年以上守るサービスとは
ネットワークにつながることでさまざまな可能性を生み出すIoT機器だが、それとともにセキュリティへの対応も求められる。しかし、新規のIoT機器を設計する際にデバイスメーカー自身がセキュリティ機能を組み込み継続的にメンテナンスしていくことは非常にコストがかかる。一方、既に市場で稼働中の既存の機器をIoT化したいが、もともとネットに接続する前提でのセキュリティ機能は実装されておらずセキュリティの確保も難しい。これらの課題に対応するのがマイクロソフトの「Azure Sphere」だ。(2020/4/8)

作業員の不足/未習熟を“リモート”で解決:
PR:スマートグラスが切り拓くDX時代の保守サポートとは?
メンテナンスや点検の現場で深刻化している要員不足やスキルアップへの要請。昨今では加えて新型コロナウイルス対応などの社会要請により、作業に必要な熟練技術者や有資格者を迅速に派遣することがさらに難しくなっている。かたや機器や設備はより複雑になり、技術者への要求は増える一方だ。この状況の打開に大きく寄与するDXツールとして注目を集めているのが、スマートグラスを活用した遠隔作業支援システム「InfoMesh Visual Navigator」だ。(2020/4/15)

インフラメンテナンス×AI(2):
AIの本質は「最適化手法」にアリ!インフラメンテ最大の壁“暗黙知”を言語化するには?
国内の土木分野では、インフラの老朽化という喫緊の課題が差し迫っており、道路橋を例にとれば建設後50年に達するものが6割にも及ぶとされている。建設業界での慢性的な人手不足の解消と、必要とされる事後保全から予防保全への転換で必須とされる新技術と期待されるのが「AI」だ。土木学会とインフラメンテナンス国民会議のシンポジウムから、インフラメンテナンス領域でのAI活用の最新動向を追った(2020/3/26)

「魔法のiらんど」、小説投稿に特化したサービスに大幅リニューアル 3月23日〜31日のメンテナンス後に
ホームページ作成やブログ機能が提供終了となります。(2020/3/19)

FAニュース:
装置のIoT化を進めるモーションコントローラー用無線LANアダプターを開発
山洋電気は、モーションコントローラー「SANMOTION C」用「ワイヤレスアダプタ 3A」を開発した。装置の状態をスマホやタブレットなどでモニタリングでき、装置のIoT化とメンテナンスの効率化に貢献する。(2020/3/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。