連載
» 2014年09月22日 09時00分 UPDATE

そのひとことを言う前に:35才中間管理職、誰に相談すればいい? (1/3)

仕事に悩みはつきもの。特に30台後半の時期は中間管理職として、さまざまな悩みを抱える人が多いのではないでしょうか。しかし、悩みを相談する相手も選ばなければいけないのが難しいところ。今回はこうした“悩み”とどう向き合えばいいのかを紹介します。

[岩淺こまき,Business Media 誠]

連載「そのひとことを言う前に」

 職場で感じるストレスの原因は、うまくコミュニケーションがとれないことによるものが多いようです。本連載では、伝え方や接し方、聴き方に至るまで職場でよくあるエピソードをもとに、仕事や物事がより円滑に進むようなコミュニケーションや考え方のヒントをご紹介します。言葉を受ける側の立場や気持ちを理解し、自分が発する言葉について見直してみてはいかがでしょう。


 人に悩みはつきもの。これは仕事においても同様です。そして30台後半は、特に悩みがつきない時期かと思います。仕事では上司と部下との板挟み。プレイングマネージャーが当たり前で、自分の時間を作ることも難しい。やることが多い割には権限が少なく、でも責任は多い――と、矛盾に苦しむ声が多いものです。

 私がお手伝いしている企業の研修では、30〜40歳台のマネージャーが雑談などで互いの状況を共有することがあります。同年代の方が集まると、自分と同じように悩む人がいることが分かり、話が尽きないようです。

Aさん: やっかいな部下がいるんですよ。仕事の手順を何回言っても忘れる。メモも取っているのに「どうしたらよいですか?」って聞きにくる。うんざりです。

Bさん: それはきついなぁ。うちの部下は“根拠のない自信”があるタイプで、自分がやりたい仕事しかしません。それ以外は全部、自分がやる価値がない仕事と思っています。学歴が高いからかプライドも高くて、扱いにくくてやっかいです。

Cさん: ちなみに上司はその状況を知っているんですか?

Aさん: 把握はしていますが、忙しくて手が回らないみたいで「もうちょっと頑張ってくれ」というばかり……。

Cさん: でも、私たちに人事権はないですからね。それでもチームの成果は出さないといけないし、部下の育成も自分の評価に入れられているし……。

一同: ……どこもそうなんですよね。

photo プレイングマネージャーとして時間がないなか、部下の面倒や仕事上の“板挟み”など、中間管理職は苦労が多いもの

中間管理職は“相談相手”にも気を付けるべき

 中間管理職は“悩みが尽きない”というだけでも大変なのに、その悩みを相談する相手を選ばなければいけないのもツラいところです。

 一般的に、仕事上の相談をするときの鉄則として「自分と同等以上の権限を持つ人に行うこと」というものがあります。自分より権限のない人が問題を解決するのは難しいでしょうし、部下や後輩に相談して自分がスッキリしても、相手のモチベーションが下がってしまえば、チーム全体の力が低下してしまいます。

 相談相手が自分と同ランクの同僚や上司でも、うまくいくとは限りません。特に同僚を相手にすると「忙しいのに時間をとらせて申し訳ない」「グチっぽくなって気まずい」といった気持ちになりやすいというのです。

 また、上司に相談するにしても、デキる上司だと忙しすぎて相談機関として機能しない、一方でダメな上司は、昔の解決策を提示したり、自分の話に置き換えて話してしまって参考にならない――と諦める人も多いようです。

 仕事以外にも、家庭・育児・親の介護などなど、プライベートでも悩めるテーマは数多くあります。今回は、そんな悩みとどう向き合えばよいのか考えてみましょう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -