連載
» 2015年02月09日 05時00分 UPDATE

ちょっとした気づかい:手土産で相手に「貴重な時間」を贈ってみよう

忙しさを知っている人ほど、相手の時間も大切にできるのです。

[森本早苗,Business Media 誠]

集中連載:ちょっとした気づかい

book

 この連載は森本早苗著、書籍『ちょっとした気づかいがあなたの人生を変える』(アスコム)から抜粋、再編集したものです。

人間関係がうまくいっている人に共通する要素があります。それは、「気づかい上手である」ということです。

 ・お礼の手紙は手書きで丁寧に書く
 ・いつもはっきりした声を出す
 ・「いつでもいい」と言われてもすぐに行動する
 ・相手の家族のことも気づかう
 ・おしゃれであるよりも、まずは身ぎれいな服装をする

「気づかい」は、お金もかからず誰でもすぐにできるとても大切なスキルですが、意外にできていない人が多いのも事実。

この本では、55年間トップセールスを記録し続けているカリスマポーラレディが日々実践している「気づかいの極意」をはじめて公開しています。83歳の今もなお現役で、成果を出し続けていられる理由がこの「気づかい」にあるのです。


 前回紹介した「お惣菜を手土産にする」というのは、あくまで家庭を切り盛りする人を想定したもの。独身で残業が多いお勤めの人には、かえって迷惑になる場合もあります。

 あなたが手土産を贈るときは、ぜひ、あなた自身の頭で考えてみてください。

 考えるコツは、「相手に時間を贈るにはどうすればよいか」という見方をすることです。つまり、あなたが代行できそうな作業を探し、それを商品やサービスに置き換えてみるのです。

 これはなかなか難しい作業かもしれません。ですが、忙しさで悩んだことがある人ほど得意の作業ではないでしょうか。

 時間のありがたさが身に染みている人は、さまざまな時間のショートカット法や、時短商品や時短食品、便利な商品に詳しいことでしょう。つまり、忙しさを知っている人ほど、「相手の時間も大切にできる人」であるはずです。

関連キーワード

人間関係 | スキル


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ