ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「人間関係」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人を信じることが怖い」――萩原みのり、“人間関係”への恐怖との向き合い方 “考察型”恐怖体験ホラー映画「N号棟」インタビュー
萩原さん「傷つかないために自分を守りすぎた結果、友達の作り方が分からなくなった」(2022/4/28)

23卒の志望業種も調査:
企業選びで最も重視するポイント、「社員の人間関係」「給与」を抑えた1位は?
マイナビが23卒を対象に就活に関するアンケート調査を実施した。企業選びで最も重視するポイントでは「社員の人間関係」「コロナ対策」などがあった。23卒が志望する業種についても聞いた。(2022/4/27)

ドラマで手術のときに医者がいう「汗!」→リアルでは「あ、スミマセン。オデコ拭いてもらっていいですか」
人間関係があるもんなぁ。(2022/4/29)

「人間関係構築が難しい」「ITに無縁なんだけど」――テレワークの課題にIT企業代表者はどう答えるか
コロナ禍で浸透したテレワークだが「人間関係構築が難しい」「ITに無縁の企業はどうすれば」といった課題も存在する。レノボ・ジャパン、ZVC、サイボウズ、アステリアのトップが集まり疑問に答えた。(2022/4/7)

トイレに不満の声:
現場仕事でキツいこと 2位「人間関係がしんどい」、1位は?
ビズヒッツが「現場仕事でキツいことに関する意識調査」を実施した。その結果……。(2022/3/17)

人間関係が難しい:
「転職先での人間関係に不安」87%、不安を感じる相手トップは?
エン・ジャパンは「職場の人間関係」に関するアンケート調査を実施。その結果、87%が「転職先での人間関係に不安を感じる」と回答した。不安を感じる相手のトップは……。(2022/2/8)

学情が調査:
もうすぐ社会人になる学生に聞いた「テレワークの不安」 2位は「社内の人間関係」、1位は?
新卒採用サイトを運営する学情は、4月に入社を控える新社会人を対象に実施した「入社後のテレワーク」に関する調査結果を発表した。テレワークについてどう考えているのか。(2022/1/13)

【その視点はなかった】入学時からオンライン授業ばかりだった大学2年生が、人間関係を更新できず“高校5年生”になっている
現場で生徒と接しているから見える問題点。(2022/1/12)

3日以内に転職した人も:
入社後1カ月以内に退職したワケ 「仕事内容」や「社風」を抑えた圧倒的1位は?
ビズヒッツは、入社後1カ月以内に転職した経験のある人に「転職理由に関する意識調査」を実施。入社後すぐに転職した理由1位は「人間関係の不満」(133人)だった。(2021/12/9)

500人に聞いた:
自分の会社の好きなところ 2位は「休日のとりやすさ」、1位は?
ビズヒッツは、働く男女に「自分の会社の好きなところに関する意識調査」を行った。自分の会社の好きなところで1位だったのは「人間関係・雰囲気がいい」(194人)だった。(2021/11/17)

“事業危機”からの組織改革:
360度評価は「真剣勝負」 導入11年のGMO人事に聞く、“透明性が高い人事評価”の秘訣
「人間関係で評価が変わってしまうのではないか」「評価者が多いと、あやふやになってしまうのでは」などの疑念を持たれがちな360度評価だが、長く運用しているGMOインターネットではどのように設計しているのか。(2021/10/1)

好意には同じ量の「好き」で返さなきゃいけないと思っていたけど…… 人間関係の“天秤”描く漫画がグッとくる
均衡を求めるか、偏りを許容するか。(2021/9/28)

500人に調査:
「転職しないほうがいいケース」ランキング 1位は「人間関係に不満」、経験者の意見は?
ビズヒッツは、転職経験のある男女を対象に「転職しないほうがいいと思うケースに関する意識調査」の結果を発表した。どんなコメントが寄せられたのか。(2021/9/21)

8割以上が転職に「満足」:
新卒3年以内に転職した理由 「勤務時間」や「人間関係」を抑え1位になったのは?
求人情報サイトを運営するビズヒッツは、新卒3年以内に転職した経験がある498人に「新卒3年以内で転職した理由」についてアンケートを実施した。(2021/9/9)

「一緒に働きたい上司」で選べる転職サイト登場 “上司ガチャ”のリスク回避
人材事業を手掛けるRight Brothersが、一緒に働きたい上司を選び、採用を直接交渉できる転職サイトをオープンした。求職者と上司になるかもしれない人が直接やりとりできるようにし、入社後に人間関係が悪化する可能性を減らすという。(2021/8/26)

不良の先輩が映った“呪いのプリクラ”【本当にあった学校の怖い体験談】
逃げられない人間関係の怖さ。(2021/9/8)

転職経験者500人にアンケート:
転職先で感じたプレッシャー1位「人間関係の構築」 慣れるまでにかかった時間は?
「転職を感じたプレッシャーランキング」1位は人間関係の構築だった。プレッシャーに慣れるまでにかかった時間は?プレッシャーを克服するまでに取った行動は?調査結果を見ていこう。(2021/7/26)

年代別の傾向も分析:
職場の「人間関係」に悩む人は3割 退職の検討は?
職場の人間関係にストレスや悩みを感じている人はどの程度いるのか。日本労働調査組合(東京都足立区)がアンケート調査を実施した結果は?(2021/7/8)

“洋服の青山”がAIスナックママ「よしこ」公開 若者の悩みに答えるチャットbot
「洋服の青山」などを展開する青山商事はAIチャットbotとして、“スナックバーのママ”をテーマにした「よしこ」を専用サイトで公開した。“ママ”10人以上から集めた、50時間分の会話データを学習しており、若い社会人が抱える仕事や恋愛、人間関係などの悩みに答えられるという。(2021/7/7)

コミュニケーションは重要:
「仕事内容や不満を相談できる相手はいない」が27.8% 人間関係と職場の満足度の関係は?
「職場に信頼関係を築けている人はいるか」や「不満を相談できる人はいるか」についてビジネスパーソンに聞いた。その結果は?(2021/6/11)

キャリアニュース:
役職を外れる「ポストオフ」への適応、ポイントは学ぶ姿勢とフラットな人間関係
リクルートマネジメントソリューションズが「ポストオフ経験に関する意識調査」の結果を発表した。ポストオフに良好に適応している人には、必要な知識を学び続ける姿勢やフラットな人間関係の構築が見られた。(2021/6/10)

離職につながることも:
新卒社員が入社後に抱くギャップ 「人間関係」や「社風」を抑え1位となったのは?
新卒社員の多くが、入社後に仕事内容や配属についてギャップを感じている――。就職・転職のための口コミサイト「OpenWork」を運営するオープンワークの調査で明らかになった。(2021/6/1)

友達少ない社長が作った「人間関係をよくするアプリ」って?
友人が少ないベンチャー社長が作ったという「人間関係をよくする」アプリが登場。その仕組みは?(2021/4/20)

個人の将来を重視:
コロナ禍で転職理由に変化 「社内の雰囲気」や「人間関係」を抑え1位になったのは……
パーソルキャリアは、2020年4月の緊急事態宣言前後に転職したビジネスパーソンを対象に転職理由の調査を実施。その結果を発表した。(2021/3/22)

制度あれば「利用したい」8割:
就活で「テレワーク」重視は6割 入社後の人間関係構築には不安も
学情が2022年3月卒業予定の大学生に調査した結果によると、就職活動でテレワーク制度があるかどうかを重視する割合が約6割に達した。一方、入社してすぐにテレワークで働くことには不安を感じる学生も多い。(2021/2/19)

地味な僕に優しすぎるギャル 「存在自体がファンタジー」な同級生を描く漫画がファンタジーすぎる
人間関係には意外な接点がある。(2021/2/5)

感じたことがある人は94%以上:
「仕事のやる気が出ないとき」ランキング 3位「人間関係」、2位「忙しいとき」、1位は……
ビズヒッツが、30代の働く男女に「仕事のやる気が出ない」と感じたことがあるか尋ねたところ、「ある」と回答した人は94%超にのぼることが判明した。(2021/1/20)

【漫画】上司に『鬼滅の刃』を貸したらいい話に “語りたくなる作品”が反抗期の親子にもたらした奇跡
すばらしい作品は人間関係を変えるんですね。(2020/11/16)

Amazon、フィットネスバンド「Halo」発売 声による対人関係解析や体脂肪計搭載
Amazonが、メンタルヘルスも重視するフィットネスバンド「Amazon Halo」を発表した。ユーザーの声から対人関係を解析したり、ボディスキャンから体脂肪率を測る機能を搭載。価格は本体は99.99ドルで、連携するサブスクサービスが月額3.99ドル。(2020/8/28)

22年卒、8割が「入社先でテレワークを利用したい」 仕事の上で不安なことは?
就職情報サイトを運営する学情が行った調査で、2022年に卒業予定の大学生・大学院生のうち約8割が「入社先でテレワークを利用したい」と回答。多くの学生がテレワークの実施に前向きな一方、仕事の進め方や人間関係などで不安を感じる学生も多いようだ。(2020/8/18)

「スモール・ハピネス」で仕事も生活もポジティブになる?!:
第3回 人間関係からスモールハピネスを生み出す
スモール・ハピネスのオリジンともいうべき人間関係に焦点を当てて、そこから得る方法について考えてみたい。(2020/6/16)

非常事態が問うもの:
コロナ禍で露呈 あなたは「人間性を疑う」上司やパートナーと居続けるべきか
コロナ禍で社会を見る目が根本的に変化。中でも筆者は人間関係の問題が暴かれたと指摘。コロナ後も「人間性を疑う」レベルの上司や伴侶とあなたはつるむのか?(2020/5/21)

54.3%の人が「行かない」 派遣先の同僚とランチ
派遣メディアを運営するTAG STUDIOは、派遣社員を対象にした「派遣先の人間関係」に関する調査を実施し、その結果を発表した。(2020/2/23)

橋下徹“異端”の仕事術【2】:
橋下徹が語る「究極の人間関係術」――集団内の「権力者」を見極めよ
この連載では大阪府庁、大阪市庁という巨大組織を率いたリーダー、橋下徹の仕事術をお届けする。組織を変革し、停滞の一途をたどっていた大阪を、圧倒的な実行力で立て直してきた橋下の働き方についての考え方に迫る。第2回目は、組織の中でうまく立ち回るために、集団内の「権力者」を見極めるべきだと主張する橋下に、「人間関係術」について語ってもらった。(2020/2/8)

外国人アルバイト、実は1カ月で多くが辞めていた 85%が上司や先輩との人間関係の不満で退職
言葉や習慣のちがいでハードな職場がよりキツく。(2020/1/22)

転職先の人間関係、事前に確認する人が約4割 何をチェックしているのか
人材会社のエン・ジャパンが「転職先の人間関係」実態調査の結果を発表した。(2020/1/22)

集まる不満は1日1万件:
その不満、買い取ります 日々の“もやもや”を何でも買い取る「不満買取センター」が社会を変える?
ユーザーから不満を買い取る「不満買取センター」。日々不満を投稿するユーザーは40万人を超え、1日1万件もの不満が集まる。商品に関するものから人間関係に関するものまで、幅広く買い取っているという。最近では、企業だけでなく、行政も活用し始めている。(2019/11/11)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(57):
原因追求型のフィードバックをされると、気がめいる
部下や同僚にネガティブなフィードバックをしなければならないことがありますが、伝え方に気を付けないと、相手のやる気を削いだり人間関係を崩したりします。本来、どのようなコミュニケーションをとるべきなのかをエンジニア視点で考えてみました。(2019/9/18)

吉本・岡本社長「“契約書無しで人間関係で”がベース」「タレント自身に損害賠償請求したこと1度もなかった」 口頭契約問題について会見で見解
「NSCを卒業した生徒には、コンプライアンス順守の書類として誓約書を書いてもらい、うちの仕事をやっていただいている」(2019/7/22)

“やりがい”よりも重視すべきは……:
会社を辞める本当の理由は? 「離職招く要因」見つける新サービス
「離職」が企業の大きな課題となっている。離職理由として「やりがい」が挙がるが、大部分はそうではない。家庭や健康、人間関係の問題といった「ハイジーンファクター」だ。この部分に特化した分析サービスが発表された。(2019/7/22)

キャリアニュース:
従業員のメンタル不調、原因の1位は「上司との人間関係」
Mediplatが「従業員のメンタル不調」に関するアンケート調査結果を発表した。従業員のメンタル不調の原因1位は「職場の人間関係」で、中でも「上司との人間関係」が最も多かった。(2019/7/18)

産業医500人に聞く:
働く人のメンタル不調の原因、1位は「職場の人間関係」 管理者ができることは?
医師専用コミュニティーサイト「MedPeer」などを運営するメドピアが、「従業員のメンタル不調」に関するアンケート調査を実施。産業医500人にメンタル不調の原因を聞いたところ、1位は「職場の人間関係」だった。(2019/7/10)

【漫画】いつも靴下が裏返しな夫 「たたんであげてるのに感謝されない」イライラが解消された話が人間関係の参考になる
私の当り前はあの人の当り前ではない。(2019/6/16)

6割が「仕事を続けられそう」と前向きだが:
2019年新入社員の悩み「相談相手がいない」が4割 ジャストシステム調査
ジャストシステムが実施した「新卒社員に関する実態調査2019年春」によると、男性は業務量、女性は人間関係に困っていることが明らかになった。入社して約1カ月の時点で、6割近くの人が今の仕事を続けられそうだと前向きな判断をしていた。(2019/5/29)

こっそり嫁いびりをする姑、キレて道ばたで絶叫する嫁「あなたの番です」3話 人間関係が地獄絵図
メンチカツメンチカツメンチカツメンチカツメンチカツメンチカツメンチカツメンチカツメンチカツ……。(2019/5/5)

キャリアニュース:
新入社員の4割以上が「仕事での失敗」「職場の人間関係」に不安
日本能率協会が「2019年度 新入社員意識調査」の結果を発表した。新入社員と上司側との意識の差や、過去調査と比較することで分かった、仕事や働き方に対する新入社員の考え方の変遷などがまとめられている。(2019/4/25)

働く女性499人に聞く:
「神経をすり減らす」「指示に一貫性がない」 女性が悩む職場の人間関係、1位は「上司」
人材会社のエン・ジャパンが働く女性を対象に「職場の人間関係」に関する意識調査を実施。女性が職場で最も関係に悩んだ相手は「上司」だった。(2019/4/12)

自分を変えない限り負の連鎖は続く:
「職場の人間関係がイヤ」で転職した人は、新しい環境にも不満を持ちやすい 調査で判明
「職場の同僚が気に食わない」といった対人関係の不満を理由に転職をした人は、次の会社にも不満を抱きやすい――。人材会社エン・ジャパンの調査でこんな事実が判明。回答者からは「他責で自己改善を図れない人は、結局また不満を持つことになる」などの指摘が出た。(2019/2/27)

今日のリサーチ:
大学生の半数以上は人間関係によって自分の「キャラ」を使い分ける――東京広告協会調べ
大学生の人間関係とキャラクターに関する調査です。(2018/12/27)

人間関係に不満持つ人も多数:
26%の女性が給与の低さに不満 「総合職と同じ仕事内容だが、一般職は薄給」などの声
エン・ジャパンの調査で、働く女性の97%が仕事上の悩みを抱えていることが発覚。その内容は「給料が低い」が26%でトップ。「上司・同僚との人間関係」(11%)などの回答も多かった。(2018/12/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。