調査リポート
» 2019年01月11日 12時49分 公開

予算達成で大きな報酬:「40代の年収が高い企業」ランキング、日産、東芝、ソニーなど上位に 1位は外資系IT企業の……

40代の平均年収が高い企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査結果を発表した。日産、東芝、ソニーなどが上位に入った。1位は……?

[ITmedia]

 40代の平均年収が高い企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査を行った結果、1位は日本ヒューレット・パッカードの961万円だった。

 同社の40代社員からは「営業部門の予算は非常に大きく、簡単に達成できるものではないが、達成したときの報酬も大きい」「サービス部門は、提案に関わったメンバーであれば、エンジニアであっても受注した金額に応じてインセンティブが出る」などの声が挙がった。

photo 「40代の年収が高い企業」1位の日本ヒューレット・パッカード(=公式Webサイトより)

 2位は日本アイ・ビー・エム(942万円)。社員からの声は「仕事の振り分けと目標設定が明確に決められており、実績に基づいた報酬が得られる。目標達成のために必要となる部門間の連携の仕組みも明確」などがあった。

 3位はソニー(937万円)。「日本のメーカーの中ではかなり恵まれている。年収は30代のリーダークラスで700万円〜800万円、40歳代課長クラスで1000万円は超える」などと評価されていた。

 4位はNEC(日本電気、886万円)。主な社員からの声は「報酬の変動率が極めて小さい。成果を出している人とそうでない人の差があまりない」など。

 5位は東芝(856万円)。「主事補、主事、副参事、参事、上席参事……と段階的に昇進していき、副参事まで到達すれば世間一般と比較しても悪くない報酬が出る」「副参事の月給は60万円で、ボーナスを含めると年収は1000万円を超える」という。

photo 「40代の年収が高い企業」ランキング(=グローバルウェイ調べ)

 6位以下は富士通(806万円)、パナソニック(783万円)、日産自動車(771万円)、楽天(767万円)、ルネサスエレクトロニクス(754万円)と続いた。いずれの企業も給与テーブルや査定の納得感などが評価されていた。9位の楽天は、カフェテリアで朝・昼・晩の食事を全て無料で取ることができる福利厚生制度が支持されていた。

 調査は2014年4月〜18年3月に、「キャリコネ」に40代のユーザーから給与・残業に関する情報が10件以上寄せられた企業を対象に実施した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -